クリプトエージェント・ユウタ

"億稼ぎ"クリプトエージェント・ユウタによる国内最大級情報発信局。

ここをタップして、僕と繋がりましょう。有益な情報を届けます。

XRP価格が上がらない理由をOKExが解説

XRP価格が上がらない理由をOKExが解説

XRP価格が上がらない理由をOKExが解説

ここ最近、XRPの価格が期待に反してよくない理由を「OKEx」が解説していますので、ご紹介いたします。

まず、主な理由として「送金決済市場は収益性が高く、他の多くの企業が参入を試みており、リップルのビジネスを脅かす可能性がある。」と述べました。

リップルの脅威

リップルの脅威として、8月5日にFRB(米連邦準備制度理事会)が発表した「FedNow Service」と呼ばれる、24時間リアルタイム支払い決済サービスがあります。

しかし、このサービスは2023年から2024年に開始予定となっており、FedNowの送金金額には上限があることからリップルの方が有利であると考えられています。

ただ、高速決済協議会(FPC)にリップル役員が選出されていることから、決済システムにはリップルが採用されるのではないかと噂されていますが、リップルから正式な発表はなく、FedNowがリップルのライバルとなる可能性は十分にあります。

(FPCは、FRB(連邦準備制度理事会)によって発足した、より高速で安全な支払いに焦点をあてた会員組織です。)

SWIFT

また、国際送金大手「SWIFT」は7月18日にクロスボーダー送金での即時決済に成功したことを発表し、FATFの承認を得た日本の財務省と金融庁による「暗号資産版SWIFT」計画もリップルにとっては脅威となるかもしれません。

OKExは、FacebookのLibra、JP MorganのJPM Coin、R3、従来の国際送金企業などの新しいスタートアップにより市場競争が激しくなり、リップルの市場シェアが減るため、それがXRPに影響すると述べています。

各社が提供するサービスは数年以内の開始を目標としており、差し迫った脅威があるわけではありませんが、業界を主導しているリップルとの差は狭まってきているように感じる、と述べました。

価格が上がらない理由

OKExはこれ以外の理由として「100を超える金融機関がグローバルに資金を移動するのにリップルネット(RippleNet)とRPCA(Ripple Protocol Consensus Algorithm)を使用しているが、大半がXRPを媒体として使用していない。」と述べ、これも価格が上がらない原因と主張しました。

また、現時点では機関投資家を含めてビットコインに注目が集まっており、XRPに関心が向いていないのも問題だと述べています。

まとめ

XRPの価格上昇が期待される中、チャートの今後の動きはどうなるのでしょうか?

最新情報が入り次第LINE@にて配信いたしますのでご登録下さい!

コメントを残す

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.