仮想通貨XRP(リップル)が価格急騰へ!今後はいくらまで上がる?|最新チャート

仮想通貨XRP(リップル)が価格急騰へ!今後はいくらまで上がる?|最新チャート

どうも、ユウタです。

6日に仮想通貨XRPの価格が急騰しましたね。

久しぶりに市場が盛り上がっていて、嬉しい限りです。

なぜ、爆上げしたのでしょうか?

今後はどこまで伸びるのでしょうか?

徹底考察してみました。

XRP価格が高騰へ

2019年のXRP価格ですが、一時は19円台まで底をついてずっと右肩下がりでした。

しかし、ここに来てやっと盛り上がりを見せてます。

2017年末の仮想通貨バブルの頃から比べると、まだまだ低い価格帯ですが、長年リップルに注目してきたので嬉しい限りですね。

あの頃の盛り上がりをまた見せて欲しいところですが、急騰の理由を冷静に考察していきますね。

バイナンスがXRP先物取引を開始

海外の大手取引所バイナンスが、レバレッジ75倍のXRP先物取引開始を公式Twitterから発表しました。

取引ペアは 「XRP/USDT」 でかなり話題になってますね。

情報が漏れていた?

気になるのは、発表時間直前にXRPが急騰していたので、情報漏れを指摘する声もありました。

ただ、XRPが上昇する直前を狙ってのローンチだった可能性もあるので、漏洩が確定的とは言えませんね。

マーケティングがうまくハマった可能性もあります。

韓国の大統領委員会

韓国の大統領委員会が韓国国内における証券取引において、仮想通貨を直接取引できるように推奨している、という報道がありました。

報道によると、第4次産業革命委員会というところが「暗号資産は韓国の金融市場で積極的に取り扱うべき」と提案したそうです。

元々、韓国はXRPに対する需要がとても高いので、それもあってか市場が反応したと思われます。

2019年10月のBTC高騰はチャイナによるものでしたが、XRPの鍵を握るのはコリアかもしれませんね。

USDT(テザー)の資金流入

XRPが高騰した要因として、BTCが急騰する直前に約545億円分の「USDT」が市場に流れたことが挙げられてます。

USDTの時価総額はBTCの価格に影響しやすいので、新規発行が大量にされると、BTCの価格がつれ高になりやすいです。

つまり、テザーへの資金流入によりBTC価格上昇し、利益を上げた投資家がXRPに資金を投じたために高騰した、というわけなのです。

いくらまで上がる?

2020年はBTCが半減期を迎えるので、アルトコインバブルが来る可能性も十分にあります。

利確によってXRPが再び下がった所でポジションを取ってもいいかもしれませんね。

重要なレジスタンスである30円付近を超えられるかどうか、一旦はここまで注目すると良いでしょう。

今後も、盛り上がりに期待していきましょう。

最新の情報が入り次第テレグラムで配信いたしますので、ぜひご登録下さい!