仮想通貨XRP価格が大暴落で一時「10円台」突入へ、2020年に最安値更新の可能性は●●%!?

仮想通貨XRP価格が大暴落で一時「10円台」突入へ、2020年に最安値更新の可能性は●●%!?

どうも、ユウタです。

18日に入って仮想通貨リップルの価格は大暴落し、10円台まで突入しました。

現状の傾向としては、仮想通貨市場全体が下落傾向にありますが、19日現在は微増となっていますね。

多くの投資家が注目していますが、今後どうなるのでしょうか?今回、徹底考察してみました。

XRP価格

直近の市場は仮想通貨市場全体で下落傾向が続いています。

その中でもXRPの価格は大きく下落し、執筆現在は2017年当時の価格帯で取引されている状況ですね。

2018年から上昇が期待されており、2019年はSWELL開催などで高騰するのでは?との予測もされましたが、市場の反応は鈍い結果となりました。

そのため、一部のアナリストからは「リップル価格は2020年以降に2017年の最安値付近まで下落する可能性がある」という声が挙がっています。

直近のチャート

リップル(XRP)価格は16日頃までは23円付近でサポートされている状態でした。

しかし、17日の午前3時頃に価格が大幅に下落し、サポートラインを下回る結果となりました。

その後、18日の早朝5時にはついに19円付近まで暴落してしまいました。

アナリスト達の警告

BTCやETHなど市場全体が下落傾向にある中で、XRP価格は2018年以降の最安値を更新し、2017年の最安値に近い価格帯を推移していますね。

この動きにアナリスト達が強い警告を発しています。

暴落シナリオ

アナリストの意見では、現在のXRP価格が23円付近の重要なサポートラインと下回ったため、次は約15円まで下落する可能性があると述べています。

今のところ、XRP価格は20円付近のサポートラインを維持しているので、万が一、下回った場合は「17.5円」もしくは「15円」が次のサポートラインになると言われてます。

上昇した場合

逆に上昇した場合は、21.5円付近が重要なラインとなり、その後、23円付近がポイントになると予想されます。

このポイントを上に抜ける前に小さなショートを伴いますが、そのままレジスタンスを超えきれなければ15円付近まで下落する可能性もあるでしょう。

まとめ

もし、あなたがXRPを保有している場合は数週間の動きには特に注意して下さいね。

最新の情報が入り次第テレグラムで配信いたしますので、ぜひご登録下さい!