竹田恒泰氏の仮想通貨エックスコイン(XCOIN)は怪しい!?日本発ステーブルコインがリブラを超えられるか

竹田恒泰氏の仮想通貨エックスコイン(XCOIN)は怪しい!?日本発ステーブルコインがリブラを超えられるか

どうも、ユウタです。

2019年は米国発のステーブルコインであるフェイスブックの独自通貨「リブラ」のホワイトペーパーが発表され、かなり話題を呼びましたね。

しかし、政府からの抵抗を受けて、いまだに前に進めていないのが現状です。

そんな中で、日本発のステーブルコインである「XCOIN(エクスコイン)」が2019年12月11日に発行の記者会見が行われ話題を呼んでいます。

代表にはあの「竹田恒泰氏」が在籍している注目のコインですが、果たしてリブラに対抗するステーブルコインとなるのでしょうか?

XCOINとは

作家として有名で、TVやメディアにも多数出演する竹田恒泰氏が考案したのが「XCOIN」です。

2019年12月に発表され、日本発のステーブルコインとして注目を集めています。

発行額と同額の現金を安全に保管し、その資金から投資で運用して利益を稼ぐそうです。

しかし、安全性とは裏腹に、相場で資産を溶かされるリスクや資金洗浄対策については不備があるのでは?との指摘があるため、今回徹底調査してみました。

概要

Xcoin(エックスコイン)とは、簡単に言うと世界156種類の公定通貨とペッグになった、ステーブルコインの総称です。

コイン名は「エクスコイン(XCOIN)」で考案者は竹田恒泰氏、社名は「株式会社エクスコイン」です。

ちなみに、日本円とペッグのコインは「XJPY」という名前のステーブルコインで、米ドルとペッグなのは「XUSD」という名前のステーブルコインが発行されます。

このように、世界156種類の法定通貨とペッグとなったコインが発行される仕組みとなっています。

基本動作

ユーザーは「Exchangers(エクスチェンジャーズ)」という通貨両替サービスに現金を入金し「XCOIN」を発行してもらいます。

顧客から預かった資金のうち、半分を法務局への供託金へ、残りの半分を銀行などに預金します。

つまり、顧客から預かったお金は何も使わずに政府と金融機関に預けて大切に保管する仕組みになってます。

また、Xcoinは送料無料なのでエックスウォレットを持ってる人同士で気軽に送金したり、お店で決済する時に手数料は気にせずに現金と同じ感覚で支払いが可能です。

他のステーブルコインとの差異

Xcoinは「法定通貨担保型」のステーブルコインです。

特徴としては世界156種類の通貨を扱う利便性にあるでしょうね。

ちなみに、世界の法定通貨159種類の中から北朝鮮ウォン、イランリヤル、ベネズエラボリバルの3種を除く、世界のほぼ全ての通貨を取り扱うステーブルコインとなってます。

竹田恒泰氏

エクスコインを考案したのが竹田恒泰氏です。

彼はTVなどのメディアに多数出演しており、テレビ番組で仮想通貨のことを話したことがあります。

ちなみに、仮想通貨バブル以前から仮想通貨の情報には精通しており、エックスコインについては2年半前から構想を練って、準備をしてきたそうです。

ステーブルコイン

ステーブルコインというのは、基本的に価格が安定していて変動しないコインの事を言います。

その中でも3種類があります。

ステーブルコイン
  • 法定通貨担保型:発行元に返却すれば、同じ量の法定通貨を受け取れる
  • 暗号資産担保型:特定の仮想通貨で担保し、非中央集権が可能だが、価格が不安定なため巨額の暗号資産が必要
  • 無担保型:コインの流通量を調整することで価格を安定させる

ステーブルコインは利益確定の際や、相場下落時の避難先として保有されることが多く、米ドル価格に連動するUSDTやTUSDなどが有名ですね。

専用アプリ

エックスコインはXwallet(エックスウォレット)というアプリで管理します。

Xwallet上で同じウォレットを持った者同士でXcoinの送受信を行う事が可能です。

実際に普及すれば、キャッシュレス化が進すために世界規模での決済方法・速度に革命が起きるとも言われています。

また、今後は銀行振込でもエクスコインを購入・売却できる様にする予定だそうです。

収益モデル

運営会社の収益構造は大きく分けて三つあります。

1、スプレッド

1つ目はステーブルコインを両替するときのスプレッドです。

スプレッドは「売値と買値の差」のことで、例えばXJPYとXUSDを交換する時に、売る場合は99円で買う場合は100円と表示されていた場合は売買する際に1パーセントの手数料が取られるイメージです。

2、預金の金利

二つ目は預金の金利収入です。

投資家から預かったお金を金融機関に預けて、その金利が収益になります。

現地通貨は現地の銀行に保管し、例外的に国債で保管することも検討しているそうですね。

3、現金の引き出し手数料

法定通貨を入金してエックスコインに変える時の手数料は無料です。

しかし、エックスコインを法定通貨に変えて、現金で引き出す時に手数料がかかるそうです。

予定では、1%前後の手数料を予定しているそうです。

リスクはある?

世界中に普及する可能性が高いコインなので、実際に規模が拡大した際に「不正発行」をどうやって防ぐのか?という点が懸念されています。

エックスコインはプライベートチェーンでコインを管理して、取引の承認を企業側で行います。

内部の人間による不正発行が100%起きないシステムを確立することが重要でしょうね。

また、マネーロンダリングに対する対策も必要でしょう。

エクスコイン運営陣は合計50名ほどと小規模なので、安全性、信頼性を上手く構築できるかが肝となりそうですね。

まとめ

僕自身の印象としては、エックスコインにはぜひ頑張って欲しいところですね。

日本国内で発行させるステーブルコインはいくつかありますが、156種類もの法定通貨とペッグしているコインは他にないため、リブラの強力なライバルとなれるように頑張って欲しいです。

追記:たった一つのアプリで月収20万円達成!


ポケットハッシュが開始してもうすぐ一カ月ですね!

ここで皆さんに僕の秘密を教えたいと思います。

それは、以前公開したアカウントは実はサブアカウントであり✋

本当はもう一つ、、

【メインアカウント】

が存在するという事です‼‼

さらに、、!

そのメインアカの
紹介者数がなんとなんと、、!!

8300人👪

を超えました✨👏

このアカウントでは
紹介報酬が一回でなんと、、

『5000PHT』以上

入ってきています✨

等級も【部長】になりました✨

このPHTをきちんと運用すれば

一カ月で約20万円を超える稼ぎ

を生み出す事ができます‼

そのためには

【複利運用】

をキチンと学ぶ必要があります



なので、今日は皆さんに

僕が稼いでいる㊙テクニックを
大公開します✨
㊙テクニック
▼ポケットハッシュ完全攻略‼️複利運用㊙️テクニック
https://note.com/airdr0pclub/n/n5a856eaf9cf4

追加速報です!

先日、ご案内した国内マイニング案件ですが、BTC上昇が見込める今が稼ぎ時です!
「安全・安心・キャッシュレスで資産構築」
速報!
  •  マイニング工場の水谷翔太社長は元行政区長
  • 全国セミナーも随時開催
  • マイニング工場はオール日本
  • 4年間元本回収率100%の実績
  • 東京日動の保険に加入
  • 自動出金システム
  • 法人節税スキーム有り
▶詳細はコチラ

最新の情報が入り次第テレグラムで配信いたしますので、ぜひご登録下さい!