【徹底解説】詐欺?ポンジ?高配当型ウォレット案件の危険性と今知っておくべき注意点の解説まとめ

【徹底解説】詐欺?ポンジ?高配当型ウォレット案件の危険性と今知っておくべき注意点の解説まとめ

先日、国内でまだほとんど情報が出回っていない最新ウォレット案件を解禁させていただきました。

高配当ウォレット案件で僕自身もかなり期待を持って参加していますが、投資にはリスクがつきもので、高配当型ウォレット案件は特に最近になって「出金停止」などが相次いでいるので注意が必要です。

ただ実際、多くのウォレット案件に参加し、利益を上げている人が存在するのも事実です。

ではなぜ、彼らはしっかりと収益をあげているのでしょうか?

それは「選択と戦略」を持って投資をしているからなのです。

そこで今回はウォレット案件に参加する際の注意点あなたがとるべき戦略などについて解説したいと思います。

ウォレット案件の急増

最近の仮想通貨市場の流れとして、BTCやETHなどの仮想通貨をウォレットに預けることで、配当が受け取れる「ウォレット案件」が増えています。

案件の中には月利10%以上の高配当がもらえる高配当ウォレット案件もありますが、何も考えずにただ投資するとあなたの資金が失われる危険性があります。

ポンジスキーム

高配当型ウォレットの一部では「ポンジスキーム」「ハイプ案件」「MLM」と言われるものが存在し、これにより一部の人間だけが大きな利益を得て、多くの人が損をするということがありました。

そのため「詐欺」「危険性が高い」と言わることがあります。

(※もちろん、すべてがポンジスキームや詐欺ではありません。安定して配当を出している案件も多数存在しますので、後日、まとめてご紹介いたします。)

ビットコネクト

近年の高配当ウォレットで有名なのは「ビットコネクト」です。

ビットコネクトは一時1000倍を超える値上がりを見せ、当時はかなりの盛り上がりましたが、配当原資がユーザーの投資金であるポンジスキームの疑いが噴出したのと、サイトが閉鎖されるということが発表されると一気に価格が暴落し、90%以上の下落でほとんどの投資家が大損害を被ったそうです。

以上のことから、高配当型のウォレットが全て詐欺やポンジスキームではありませんが、配当原資の出どころや運営元の資金繰りが健全に回っているのかどうかを把握するとこが重要であると言えます。

先行者利益

リスクのあるウォレット案件ですが、FXや株などほかの投資と比べて大きなメリットも存在します。

まず、最も大きなメリットとしては「高配当ウォレットは先行者利益がある」という点です。

配当型ウォレットが分配する独自通貨「トークン」は最低価格が設定されており、上場した後は基本的にそれ以上価格が下がることはありません。

なので、価格が上昇する前に早期参入しておくことで「短期間で高い収益」をあげることが可能になります。

収益を伸ばすには?

このように配当型ウォレットは、最初にウォレットに預けている人が長い期間配当を受けることができ、トークンの価格高騰で大きな利益を得る傾向にあると言われています。

そのため、短期間で稼ぎを出す投資家の間では「ウォレット案件にできるだけ早く参加し、仮想通貨を預けて金利を受け取った後、運営の状況を見て運用の期間を設定する」というのが主流になっています。

FXや株、不動産などと同様に、投資リスクはもちろんありますが、このように賢く運用することで、他の投資手段より圧倒的に短期的に高い収益を得ることが実際に可能なのです。

実際、今年から始まったエンジェリウムなどの配当型ウォレットで「一ヵ月でサラリーマンの月給以上に収益を上げた」ユーザーが多くいました。

投資詐欺を避ける方法

仮想通貨に投資をする際に、まず気を付けていただきたい点をご紹介いたします

詐欺案件を避ける為に
  • 「値上がり確定」「配当が必ず受け取れる」など断定表現が多い
  • SNSなどで何度も個人にメッセージを送ってくる
  • 「リスクなしで●●万円以上稼げます」などの誇大な広告
  • 過去に詐欺案件に関わった人物が宣伝している

など、このような事例に当てはまる場合は注意が必要です。

運営が破綻する理由

ウォレット案件でトークン価格が暴落する前触れや運営が飛ぶリスクを事前に察知することはとても重要です。

そのためには運営がどのように破綻していくのかを理解しておきましょう。

破綻までの流れ
  1. 案件にポンジスキームだという噂が流れ始める
  2. 実際に配当が一部遅れ出す
  3. 噂が周って、案件の新規参入が減少する
  4. 運営の配当原資がなくなり配当停止
  5. 同時に出金停止となりユーザーがお金を引き出せなくなる
  6. 運営が破綻、サイトや取引所がアクセス不能に

最近の破綻までの流れ

特に最近では以下の流れになりつつあります。

最近の破綻まで
  1. 案件にポンジスキームだという噂が流れ始める
  2. 実際に配当が一部遅れ出す
  3. 噂が周って、案件の新規参入が減少す
  4. 運営が「ハッキング攻撃を受けた」と発表
  5. 同時に出金停止となりユーザーがお金を引き出せなくなる
  6. 「復旧中」と言って、サイトや取引所がアクセス不能に
  7. その後、復活の噂だけが流れ、実際は停止のまま

となっておりますので、覚えておいてください。

選択と戦略の重要性

もし、あなたが配当型ウォレットを運用する場合は「選択と戦略」を持つことを心掛けましょう。

高配当型ウォレットだけがリスクがあるわけではなく、通常の投資でもリスクが伴います。

そのため、投資をする際にはどのような形式でも戦略を持って、リスクをできるだけ避けることが重要なのです。

NEM

日本でも有名な某仮想通貨トップブロガーが数年前に800万円分のネムを購入したのち、今年に入って600万円のマイナスで損切りをした、ということがあったため、通常の投資でも価格が上がりきった時に買ってしまい、その後、暴落して損をする人がいるように、通常投資も配当型ウォレットも、結局は戦略が重要になってきます。

つまり、配当型のウォレットも利益の確保するタイミングを戦略的に考えることで、しっかりとした運用をすることが可能なのです。

配当型ウォレットは運営が1年以上安定して継続しているものも普通にありますので、戦略的に利益を確保することで運用することができます。

配当型ウォレットのメリット

配当型ウォレットでの運用メリットは、短期の配当で運用することが可能なので、出口までの戦略をしっかりすれば、仮想通貨市場が低迷していても収益を出すことが可能です。

もし、相場が低迷している場合には、ホールドしている仮想通貨を使って、ウォレットに預けることで短期で金利を得ることが可能になります。

なので、あなたがとるべき戦略はおのずとご理解いただけたかと思います。

仮想通貨市場に投資をしつつ、低迷した際のリスクヘッジとして配当型ウォレットにも分散投資をすることで、長期的に安定した収益を得ることも可能になるでしょう。

特に、配当型ウォレットは早期参入が勝負のカギを握るため、現在、国内限定で先行登録を開始している案件をチェックしていただきたいと思います。

現在、登録者が急増しているので、早期参入のチャンスがどんどん遠ざかっています、もしご検討している方はお早めにご参加下さいませ。