【速報】ついに運営逃亡か!?出金停止中のHYPE案件TESSLINE(テスライン)は詐欺?ポンジ?徹底調査!

 

ついに運営逃亡か!?配当停止中のHYPE案件TESSLINE(テスライン)は詐欺?ポンジ?徹底調査!

2019年1月ごろTessline(テスライン)というアイルランド発の投資案件が日本で拡散され、多くの参加者が出ました。

しかし、実はテスラインは既にアイルランド金融規制当局の警告リストに追加されており、ポンジスキーム案件であると言われています。

さらに6月から公式サイトにアクセスできない状況となり「ついに飛んだのでは?」と言われています。

今回はその実態について調査してみました。

テスラインとは?

https://moukaru.hatenablog.com
概要
  • 案件名:Tessline(テスライン)
  •  販売会社:TESSLINE LIMITED
  •  運営責任者:IAIN CAMERON

特徴

Tessline(テスライン)は世界30カ国に135チームを保有する投資会社であり、ロンドン証券取引所、オーストラリア証券取引所、ニューヨーク証券取引所にも投資しているそうです。

最低投資額は50ドルからスタートでき、日利1.6%〜2.4%の配当を謳っています。

プラン
  • Loyal:平日に毎日1.6%の配当、ロック期間は30日営業日
  • Increase:日毎の配当なし(ロック期間終了後に配当)、ロック期間は50営業日、投資可能金額は$2,500から$5,000
  • Professional:毎日2%の利益、ロック期間は25営業日、投資可能金額は$3,000から$10,000
  • Prosperity:日毎の配当なし(ロック期間終了後に配当)、ロック期間は110営業日、投資可能金額は$10,000から$100,000
  • Luxury:毎日2.4%の利益、ロック期間は55営業日、投資可能金額は$15,000から$150,000
  • Growing:日毎の配当なし(ロック期間終了後に配当)、ロック期間は200営業日、投資可能金額は$500から$15,000
  • VIP:全てのアセットに適応、専属のマネージャーがコンサル、ロック期間は40日間(期間終了後に配当)、投資可能金額は$100,000から$500,000

紹介ボーナス

紹介を出すとそれぞれのプランによって紹介報酬が受け取れます。

報酬体系はMLMの方式を取っており、配当金と合わせるとかなりの金額を吐き出しているため、ポンジスキームの可能性が疑われています。

アイルランドが警告

運営のTessline Limitedはサイトを介して金融サービスを提供していましたが、投資事業会社としての認証は受けておらず、実際、2019年2月7日にアイルランド中央銀行は無許可のTessline Limitedに対し警告を出しました。

承認されていない会社や個人がアイルランドで金融サービスを提供する場合、ユーザーは投資家報酬制度による補償の対象にはならないため注意が必要です。

運営者の実態が不明

CEO兼共同創設者は「Iain Cameron」で、他にはJoseph Morales、Lee Holman、Robert Davis、Martin Novotnyなどの名前が載っていますが。

しかし、ネット上で名前を検索しても情報が上がってこず、海外でほとんどの人が利用しているビジネスSNSにも登録されていないので素性が分からない状態となっています。

バーチャルオフィス

所在地を調べてみると、バーチャルオフィスであることが判明し、実態が掴めない状態となっています。

現状

2019年6月3日から執筆現在まで、テスラインのサイトにアクセスできなくなっており、その原因はイタリア証券取引委員会に行政指導されたから、だと言われています。

イタリア証券取引委員会(CONSOB)より、金融法に抵触したため90日間の業務停止命令が発表されています。#tessline #テスライン

との情報がSNSで拡散されており、90日が経過した執筆現在もアクセス不能であることから運営が飛んだ可能性が指摘されています。

果たして、Tessline(テスライン)は復活するのでしょうか?新しい情報が入り次第LINE@で配信いたします。