【追加速報】プラストークン(PlusToken)●●の行方が判明!?最大級の仮想通貨詐欺の可能性も!

プラストークン(PlusToken)資金の行方は!?最大級の仮想通貨詐欺の可能性も!

仮想通貨セキュリティー企業サイファートレースは詐欺疑惑のプラストークンについてレポートを出し、最大29億ドル(約3000億円)の被害が出た可能性があり、これが確認されれば過去最大級の詐欺案件になる、と発表しました。

サイファートレースの見解

約300万人のユーザーがいたとされているプラストークンですが「複数の仮想通貨間で裁定取引を行うことなどで毎月8%~16%の投資収益率(ROI)が見込める」との謳い文句でビットコイン、イーサリアム、XRPなどのコインを大量に集めました。

プラストークンへの参加資金は最低500ドル(約5万3000円)で、さらに利用者を勧誘することでお金を受け取れる仕組みとなっていたためにサイファートレースは「典型的なピラミッドスキーム」と指摘していました。

アジアでのプラストークン

サイファートレースによると、プラストークンは特に日本、韓国、中国で人気があり、「レオ」と呼ばれる共同創設者がイギリスのチャールズ皇太子とイベントで会ったとされる写真などが公表されたことなどから、信用する人が増えたのではないかとの見解を示しています。

しかし、写真の真偽を確かめるためイベントの主催者に問い合わせたものの、一般データ保護規則への懸念から情報は得られていないそうです。

資金の行方

多くのユーザーが気になるその資金の行方ですが、まず、6人の中国人がネット詐欺の疑いでバヌアツで逮捕されて中国に引き渡されたとの報道があり、その6人がプラストークンのメンバーであるとの報道が出ました。

しかし、プラストークン側は逮捕された6人は利用者であって関係者ではないと主張し、6月末から続く資金の引き出しが困難な状況については、サーバが未だに不安定であると説明し、サーバーが安定するまで待つように利用者に呼びかけたそうです。

そして、中国政府当局はプラストークンの資金の行方についてまだ何も発表しておらず、中国の当局はプラストークンの主要メンバーを捜索している最中との噂が広まっています。

BTCの売り圧力か?

先週、プラストークンの資金がビットコインの売り圧力になっているのではないかとSNS上で話題になりました。

しかし、プラストークン関連のアドレスのうち、ビットコインが入っていて動かした形跡があるアドレスは2、3しかないと相場への影響を否定的に見る動きもあります。

フォビ

そして、ここにきて新たな情報が入ってきました。

プラストークンから引き出された資金のほとんどが中国の仮想通貨取引所フォビに送金されていたと報道機関が発表しました。

この、プラストークンからの資金の流れが仮想通貨相場に影響を与えたかどうかが注目されており、プラストークンから引き出された資金のほぼ50%がフォビに送られていたそうです。

ETH

また、プラストークンが参加者から1000万ETH(約2100億円)近くを受け取ったと見られると指摘し、フォビに送られたのはそのうちの430万ETHに上っている、と報じました。

この規模でいくと、プラストークンは仮想通貨史上最大のポンジスキームで、ビットコイネクトやワンコインをしのぐと見られています。

まとめ

プラストークンの資金の行方や、水面下の動きが活発になり、様々な情報が流れてきました。

今後も最新の情報を配信いたしますのでLINE@にご登録下さい!

最新の情報が入り次第テレグラムで配信いたしますので、ぜひご登録下さい!