クリプトエージェント・ユウタ

"億稼ぎ"クリプトエージェント・ユウタによる国内最大級情報発信局。

ここをタップして、僕と繋がりましょう。有益な情報を届けます。

【注意報!】フェイスブック仮想通貨Libraが某政府から●●され、暴落の危機!?

【注意報!】フェイスブック仮想通貨Libraが某政府から●●され、暴落の危機!?

フェイスブック仮想通貨Libraがインド政府から●●され、暴落の危機!?

7月8日に海外ニュースサイトが「インド政府の高官は、フェイスブックの仮想通貨リブラに関して懸念を示した」と報じました。

インド政府高官の主張

インド財務省経済局次官は「リブラの計画内容は完璧に説明されておらず、未だに閉鎖的な仮想通貨で、国としては非常に懸念している」と述べました。

リブラ計画

リブラは法定通貨とペッグする「ステーブルコイン」になる予定で、フェイスブックは世界中の膨大な数のユーザーを通じて、既成の金融システムの垣根を超えた経済を実現することが可能だと主張し、そして、専用ウォレット「カリブラ」を通じて、銀行口座を持たない人々に金融サービスを提供したいという立場を表明しています。

今回の懸念

しかし、銀行口座を持たない人口が世界第2位かつ、約2億6000万人のフェイスブックユーザーがいるとされるインドにおいてリブラの使用が禁止されれば、普及拡大の最も大きなチャンスを逃してしまうことになります

さらに、リブラのホワイトペーパー発表直後にインドや中国といった、フェイスブックユーザーが多い国において、ウォレットが利用できない可能性があるという報道や、現地メディアによると、フェイスブックはインド中央銀行に対して、リブラの承認について申請を行っていないという情報を流しています。

リブラはインドで今後どうなる?

今年4月には、インド政府内で仮想通貨を全面禁止する法案が準備されているとの報道や、当局も仮想通貨の購入、売却、発行の禁止の案に賛成しているとも報じられています。

しかし、世界的には仮想通貨による金融システムの構築が進んでおり、インドや中国のユーザーが政府に対して不満を示せば、この流れが大きく変わると言われています。
今後も、新情報が入り次第配信いたします。LINE@にご登録いただき、ぜひ最新情報を見逃さないようにお願いいたします!

コメントを残す

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.