仮想通貨トレーダー・カズマックスの逮捕、その真相とは?!

仮想通貨トレーダーのカズマックスがついに逮捕される!その真相とは!?

以前から、反社会的勢力と繋がりがあるのでは?と報道されていた「仮想通貨トレーダーの“KAZMAX(カズマックス)”」が11月10日に麻薬及び向精神薬取締法違反(使用)の疑いで逮捕されました。

どうも、ユウタです。

彼はオンラインサロンを開設し、仮想通貨の相場の動きなどを解説するなどで会員を集め、一時5000人以上ものユーザーが集まる巨大グループとなっていましたね。

今日は彼が逮捕された経緯と市場への影響があるのか?を解説していきますね。

カズマックス(吉澤和真)

カズマックスはビットコインのトレーダーとして月額3万円の有料オンラインサロンを開設し、相場の動きを予測して会員に対してトレードのタイミングをアドバイスしていました。

会員が5000人以上集まっていたために、彼の声かけ次第で相場が動くほどだと言われていましたね。

薬物使用

そんな、彼ですが実は以前から薬物使用疑惑が出ていて、捜査当局は尿検査を実施し、MDMAの成分が検出されたために逮捕しました。

反社会との繋がり

本人は否認していますが、実は仮想通貨トレーダー間でトラブルがあった際に、彼は反社会勢力との繋がりがあることをほのめかし、脅迫めいたことをしていたそうです。

また、芸能人とも多く繋がりがあるとされていて、有名人も巻き込む騒動に発展するのでは?と言われていますね。

(有名なアイドルが彼と一緒にお酒を飲んだりしてたそうです。うらやましいですね←)

インサイダー?

彼は事前に仲間内で先に売りか買いかポジションを伝えた後に、サロンでポジション情報を公開することで自分で動かしたい方に1~2%ほどビットコインの価格を動かしていた、と言われています。

要するに、株でいう所の「相場操縦取引」を行っていた、という疑惑があり金融庁が警戒していたと言われています。

今後のBTC

執筆現在のBTCは100万円台を突破できずにいます。

今回の報道での影響は正直あまりなかったと思われますが、香港でデモ隊に発砲された男性が負傷したとの報道などでアジアの株安につられる形でBTCの売り圧力が高まり、一時93万円台まで下落しました。

しかし、中国メディアが「ブロックチェーン技術への支出が2023年までに約2100億円に達する」と報じたり、「ビットコインがブロックチェーン技術で成功を収めた事例」であることをテーマにした記事を報じました。

今のところ、市場への影響は限定的ですが今後に期待できるかもしれませんね。