ジャスミーに仮想通貨詐欺疑惑?注意喚起も残る不安感、上場予定は嘘だった?

ジャスミーに仮想通貨詐欺疑惑?注意喚起も残る不安感、上場予定は嘘だった?

どうも、ユウタです。

ジャスミー(Jasmy)は、2018年12月~2019年1月の間に上場することが、インフルエンサーのブログやLINE@で情報が拡散されましたが、公式発表ではないことがわかっています。

果たして、上場はないのでしょうか?プロジェクトの状況は?本日はそのあたりについてご紹介いたしますね。

ジャスミー(Jasmy)

ジャスミーとは

https://www.jasmy.co.jp/

ジャスミー(Jasmy)は「IoT」と「ブロックチェーン」を融合させたプラットフォームを開発しているプロジェクトです。

ソニーの元社長である安藤国威氏が代表取締役にいることでも注目されていますね。

IoT

「IoT」は「Internet of things」の略で、あらゆるものがインターネットにつながることで、生活がより効率よくべ便利になることを目指したシステムです。

例えば、外出先から自宅のエアコンのスイッチを入れて、帰宅時にすでに部屋が快適な室温になっている、買い物先から自宅の冷蔵庫の中身を見て何を買って帰るか考えたりするなど、かなり便利になると言われてます。

しかし、一方でハッキングによるデータの流出や悪用が懸念されているため、ジャスミーは誰でも手軽で安全にIoTを利用できるプラットフォームとして開発されています。

データの民主化

ジャスミンのコンセプトはデータの民主化」です。

どういう事かというと、現在はAmazonのような大手企業がユーザーの購入履歴データなどを独占して販売促進に役立てている状態なのですが、IoTが普及することで履歴データなどが膨大になっていきます。

そうなった場合でも、一部の大企業に情報が独占されないように、ジャスミーのシステムにより個人やすべてのユーザーが情報を活用できるようにすることを目指しています。

元ソニー社長が創業

http://www.u-nagano.ac.jp/

元ソニー社長の安藤国威氏がジャスミーを創業し、その他、ソニーで活躍した元社員の2人も創業に関わってるそうですね。

国内の大手企業の元トップが関わっている案件なので、プロジェクト成功に大きな期待が寄せられています。

将来性

しかし、今のところジャスミー株式会社がIoTに必要な基盤を開発している状況であることがわかっていますが、トークンに関する公式の情報は未だない状態です。

そして、そのトークンに関する驚愕の情報が入ってきました。

仮想通貨販売を否定

IoTとブロックチェーンを融合させるプロジェクトはアイオータが有名ではありますが、ジャスミーは国内のプロジェクトで多くの日本人が期待していました。

そして、2018年中旬にジャスミンの暗号資産のセールが開始され、公式セールは行われずYouTube」「Twitter」などのSNSを使った口コミでの販売が行われました。

取引所への上場予定日は2018年12月から2019年1月でしたが、このセールには不思議な点があります。

不可解な点

まず、総発行枚数が不明であること、 そして、公式サイトは存在しているものの、セントラリティなどと提携してプロジェクトが進んでいることは分かっていますが、ホワイトペーパーが存在せず、ICOに関する情報もわかっていません。

さらに、インフルエンサーが拡散していた上場時期を大幅に遅延しています。

今後、上場する予定はないのでしょうか?もしくは拡散された情報が嘘だったのでしょうか?

公式の見解

https://www.jasmy.co.jp/

2019年以降もICOについては何も公式に発表されていないまま現在に至りますが、最近になってジャスミンが公式サイトで驚くべき発表がされました。

当社もしくは当社の関係会社を名乗る者からの暗号資産等に関する勧誘についてのご注意

近時、当社の名を語って暗号資産(仮想通貨)を販売する者がいる、との問い合わせを受けております。

すでにメディア等でも報道されておりますが、インターネットを通じて電子的に取引されるいわゆる暗号資産をめぐるトラブルの増加に伴い、消費者庁金融庁警察署は注意喚起をしております。

当社もしくは当社の関係会社等においては、暗号資産を販売する行為はおこなっておりません。

またお客様にお問い合わせすることもございません。

当社の名を騙る暗号資産の販売者は、当社とは一切関係がありません。

暗号資産の購入代金、その他の金銭を支払うことのないようご注意下さい。

暗号資産を販売していないと公式に発表しているため、過去のセールの正当性が疑われる事態となっていますね。

疑問点

ただ、ここでジャスミーの公式発表について不可解な点が一つあると言われてます。

それは注意喚起が遅すぎたのではないか?という点です。

2018年中旬にセールが開始されたのにも関わらず、1年以上が経過しセール自体が行われなくなってから注意喚起するのは、あまりにも遅すぎるとの声が挙がってます。

問い合わせを無視?

また、一部ユーザーからは公式サイトの問い合わせから「このセールに関する質問を問い合わせても回答が来なかった」と言われています。

なので、セール開催時に注意喚起を出さなかった理由が不透明の状態となっています。

2018年当時も同様にセールの問い合わせに対して返答がなかったと言われています。

まとめ

ジャスミーの執筆現在の進捗は、プラットフォーム普及を進めるために上場企業のトランスコスモスと共にプラットフォームの開発を進めているそうです。

また、プラットフォームに接続したインターホンとスマホの連携のデモンストレーションが行われるなど、開発が進んでいるようですね。

しかし、未だセールに関する注意喚起が遅れた理由が明らかになっていないため、今後も情報を探っていきたいと思います。

追加速報です!

先日、ご案内した国内マイニング案件ですが、BTC上昇が見込める今が稼ぎ時です!
「安全・安心・キャッシュレスで資産構築」
速報!
  •  マイニング工場の水谷翔太社長は元行政区長
  • 全国セミナーも随時開催
  • マイニング工場はオール日本
  • 4年間元本回収率100%の実績
  • 東京日動の保険に加入
  • 自動出金システム
  • 法人節税スキーム有り
▶詳細はコチラ