【続報】詐欺疑惑の泉忠司氏新案件「1億円プロジェクト」の驚愕の実態がついに判明!?

【続報】詐欺疑惑の泉忠司氏新案件「カンボジアプロジェクト」の驚愕の実態がついに判明!?

どうも、ユウタです。

先日、記事にさせていただいた泉忠司氏の「元手ゼロから誰でも1億円プロジェクト」ですが、その実態に関する情報が入って来たのでご紹介させていただきます。

カンボジアプロジェクト

「元手0から1億円案件」は誰でも資産が無い状態から一億円を稼げる方法を伝授してもらえる、というものです。

このプロジェクトに関する概要は以前の記事でご紹介しているので、知りたい方は「泉忠司新案件」に関する記事をご覧ください。

プロジェクトの実態

2019年4月にこの案件の第一回目がスタートし、今回はその内容に関する情報が入ってきたのでご紹介いたします。

スケジュール

4月のスケジュールは、11月に告知されたスケジュールと同じだったようで、1日目カンボジア入り、2日目ホテル集合だったようです。

2日目は朝にホテルロビー集合、午前中に銀行口座を解説、お昼から14時頃まで約2時間かけて「資産構築法」を伝授する、という流れだったようです。

最低入金金額

しかし、2日目の銀行口座開設の際に、なんと最低入金金額が10万円だったそうです。

つまり、元手ゼロから資産構築という文言だったのですが、10万円の最低資金が必要だったようですね。

ミスターXが不在

実際にセミナーが始まりましたが、資産構築法を直接伝授するはずだった「ミスターX」が会場におらず、音声のみの登場でその音声自体も5分程度だったそうです。

そして、驚いたことにミスターXに直接会いたければ「150万円」を支払う必要がある、という案内がされたそうです。

結局、セミナー自体は別の講師がスライドなどを使って講義をして終了したそうです。

デビットカード

3日目に帰国しましたが、ここで驚くべきことに2日目に入金した10万円を引き出すにはデビットカードをカンボジアまで取りに行く必要があることが判明したそうです。

さらに、カードの郵送は不可で一年間口座を動かさなければ凍結されることがわかったそうです。

稼げた人がいない

4月に開かれたセミナーですが、参加者から1億円稼げた人はまだ見つかっていないそうで、150万円払ってミスターXにあった人でも、稼げた人は残念ながら未だ見つかっていないそうです。

まとめ

4月のプロジェクト実態ですが、上記の様な内容がもしも本当であれば、11月の第二回目にもミスターXが不在になる可能性が高いのと、参加費50万円以外の費用がかかったり、最低入金額が必要であったりなど考えられますね。

投資に関する詐欺というのは少なからず存在するので、今後参加を検討される際は注意が必要です。

また、情報が入り次第ご紹介させていただきますね。