【極秘情報】ITGウォレットが2020年大化け!その真相とは?登録・概要メリットを解説

【極秘情報】ITGウォレットが2020年大化け!その真相とは?登録・概要メリットを解説

どうも、ユウタです。

皆さん、ITGウォレットはご存知ですか?

現在、運営がスタートして半年が経過して、今でもしっかり配当が出ていて、SNSでは60BTCくらい稼いでる人の画像も公開されてます。

そして、今年に入って「大化けする」との情報が入ってきて、気になって僕の人脈を使っていろいろ調べてみました。

そしたら、結構面白い情報を掴んだので今日は皆さんに共有させてもらいます。

これをチャンスと思うかはあなた次第ですが、参加したい方は招待リンクを貼っておいたので、そこから一度体験してみて下さい。

では、早速解説していきますね。

ITGウォレット

ITGウォレットは昨年10月ごろからスタートし、テレグラムを使った配当型ウォレット案件です。

そして、昨年末にその「ITGウォレット」に関して、記事を書かせてもらいました。

読んだらわかると思いますが、結構批判的な内容を書きました。

(ITGで運用するくらいなら、同じタイプのFXトレグラムの方が良いよ、とオススメもしてました。)

ただ、半年経過してかなり状況が変わってきて、ITGが2020年に結構アツイ案件になる可能性が十分出てきました。

なので、逆にこのブログの読者さんに共有しないのは良くないと思い、今回改めてブログを書いた次第なんです。

「意見が180度変わってるやん!」

とツッコミが入りそうですが、そこは素直に謝らせてください。

(本当にすみません。。)

僕の読み違いでした。

ただ、今このタイミングで皆さんにITGウォレットの可能性をお知らせできたのは幸いです。

それくらい知っておいて欲しい情報なので、最後まで読んでくださいね。

概要

まず、ITGに関してあまり把握されてない方のために、改めて概要を書かせてもらいます。

概要
  • プラットフォーム:Telgram
  • 公開月:10月
  • 利率:月利最大15%
  • 運営:エビスグループ
  • トレード本部:フィリピン
  • 最低投資金額:0.02BTC~
  • 日利:0.5%
  • 最大月利:15%
  • 配当:BTC
  • 元本出金:申請から48時間程度
  • 配当の出金:毎週金曜日

簡単に言うと、ITGウォレットは日本発祥の案件で、テレグラムで簡単に管理できるSNS型ウォレットです。

入金・運用・出金がテレグラムで行えるので、以前紹介したFXトレグラムと同じ仕組みですね。

SNSで管理できるのが結構流行りみたいで、新規が急速に増えてるみたいですね。

(LINEをいじる感覚で運用するイメージですね。)

ラインを使用する感覚で投資が可能になります。

「どこから配当が出るの?ポンジじゃない?」

と思う方もいると思うので、配当がどこから来るのか説明しますね。

配当原資

ITGウォレットはビットコインFXのトレードで利益を得る運用方法です。

簡単に言うと、皆さんが預けたBTCを運営が預かって、プロトレーダーとAIがタッグを組んで運用して利益をあげる仕組みですね。

で、その一部を配当としてユーザーに還元するシステムになってます。

ちなみに、詳しく調べると下記の公式情報がわかりました。

公式情報
  • フィリピンを拠点としたプロトレーダー4人で資金を運用
  • トレーダーがファンダ、テクニカル両側から分析

相場によりますが、この運用システムでの日利が1%程度取れているみたいです。

(一応、1%以上取れている日もあるそうですが、安定してるのは日利1%くらいですね。)

運営的には、これ以上はリスクが高いという判断で、安全に日利1%の範囲をめどに運用しています。

つまり、月利30%になるというイメージですね。

配当の内訳は自己運用が15%、紹介報酬が15%となってます。

なので、自己資金を100万円を預けると一ヶ月で15万円が受け取れる計算です。

配当は毎日来るので、一日5000円もらえる計算ですね。

(紹介報酬に関しては後述します。)

ポンジじゃない?

一部ではポンジじゃないか?という声もありますが。

ITGは独自トークンを配当しているわけでないので、飛ぶという概念はありません。

BTCでBTCを増やしているだけなので、シンプルに運用益が無くなったり、トレードに失敗すれば配当がなくなる可能性があるだけです。

(もちろん、リスクはゼロじゃないので、参加する際は慎重に行ってくださいね。)

ローンチされてから半年経過してますが、今の所目立ったトラブルはないですね。

万が一、暴騰や暴落があればリスク回避のためトレードを停止し、配当が下がることはあります。

紹介報酬

この案件では紹介者報酬も発生します。

紹介報酬
  • 1段目:30%
  • 2段目:20%
  • 3段目:10%
  • 4段目:10%
  • 5段目:10%
  • 6段目:10%
  • 7段目:5%
  • 8段目:5%
    ※最大段数は8段目までの報酬がもらえます。

シンプルに説明すると、直紹介の場合はその相手が受け取った配当の30%がもらえる、ということです。

なので、2段目、3段目も相手が配当された分から、一部があなたに入ってくるイメージですね。

紹介報酬を得るには、0.1BTCをデポジットする必要がありますが、たくさん紹介すれば自己資金がわずかでも紹介報酬で大きく稼げます。

この辺りはご自分の感覚にあった運用でいいでしょう。

ただ、紹介をたくさん出せる人は狙い目だと思いますよ。

大化けする4つの理由

では、ITGウォレットが大化けするであろう、その理由を紹介します。

BTCを確実に増やせる

2020年4月24日現在のBTC価格は81万円台になってます。

コロナショックで3月頭には一時40万円付近まで急落しましたが、現在は世界各国が収束に向かっているのと、資産を逃すためにビットを買う人増えてます。

そのため、日足で着実にBTC価格を上昇させている状態です。

つまり、今ほとんどの仮想通貨ユーザーが意識しているのは「BTCが高騰する前にできるだけBTC枚数を増やすこと」なんです。

要は、3月以降は市場全体がビットコインの枚数を稼ぐゲームが展開されてるってイメージですね。

なので、ポケットハッシュやEVISU、FXトレグラムなどのマイニングでBTCが配当される案件がかなり流行してます。

(ポケットハッシュに関しては、僕の系列だけでも15000人以上参加してます。)

そして、ITGウォレットもビットコインで配当がもらえるので、手堅くBTC枚数が増やせる案件になってます。

(ちなみに、元本の出金は金曜日だけになりますが、ロック期間はないです。)

しかも、あと二ヶ月くらいすればBTCの半減期がやってきます。

半減期前は特に価格が上がりやすいので、事前に仕込んでおく必要がありますね。

なので、いろんなポイントを加味しても、今やっておくべき案件の一つと言えると僕は考えます。

アプリリリースが決定

そして、僕が一番驚いたのは「アプリ化決定!」と公式がアナウンスしたことです。

今まではテレグラムで運用することしかできない、資金が少なすぎる運営だと言われてました。

しかし、僕を含め多くのユーザーの予想を裏切って、確実に新規を増やし、資金を集めて長期的な戦略を進めていました。

(このまま、スルーしてたら一生後悔するところでした。)

その初期段階として、ウォレットのアプリ化を2020年6月公開を目処にしてるらしく、あと二ヶ月もすればそれが正式にローンチされます。

おそらく、新規がさらに増えていけば、運営の運用資金が大きくなるので、安定して資産を運用できる神案件の可能性が出てきます。

そして、アプリ化に伴って会社を日本で設立するそうで、本格的にプロジェクトを進めるのがわかります。

つまり、ITGを使って他にもいろんなサービスを展開する可能性があるということです。

(ユーザー数が増えれば、いろんなサービス展開ができるからですね。)

取引所がオープン予定

運営によれば最終的に目指すのは下記になるそうです。

全ユーザーがブロックチェーンを活用して海外信託をデジタル通貨で利用出来るプラットフォームの取引所を目指しております。

要するに、独自の取引所を設立して、ユーザーが安全に資金を増やせるプラットフォームを作る、というのです。

ちなみに、僕が仕入れた情報ではすでに取引所は完成していて、あとは公開のタイミングを見計っているって感じらしいです。

この通りにプロジェクトが進めば、おそらく2020年にITGウォレットが大化けする可能性は十分にありますね。

楽しみに待ちましょう。

(取引所にユーザーが集まれば、広告収入や手数料収入も増え、配当に反映される可能性もあります。)

そして、某有名上場会社との提携も決まっていて、近日公開されるそうです。

詳細はまだ公開されてませんが、もうすぐ発表なのでワクワクしますね。

大手企業と提携となれば、運営の活動の信用性に担保が生まれるので、より大化けの可能性が強まります。

新規が急増している

ITGウォレットは開始当初は、Twitterのフォロワーが50人程度で、テレグラムの参加者もかなり少なかったです。

なので、「ショボくないか?」と案件自体が怪しまれていました。

しかし、4月現在はtwitterは200人以上のフォロワーに増えていて、テレグラムは1000人を突破しています。

正直、絶対数はまだまだ少ないですが、着実に新規が増えている案件と言えるので、今後も期待できるでしょうね。

安全性は?

2018年から2019年にかけて、たくさんの配当型ウォレットがスタートしました。

その中で生き残っているのが全体の2割以下で、途中で大幅な仕様変更があり配当が止まったり、出金停止で運営が飛んだ案件もあります。

ITGウォレットに関しては、ローンチされてから六ヶ月が経過して、今も新規が増えて、公式にアプリのリリースまで着手しています。

ただし、出金条件に「KYC」があり、一時は不具合で遅延もありました。

しかし、現在は復旧していて問題なく動いているので、SNSやネットでは今後も生き残る案件の一つと評価されてます。

(僕自身も期待してますね。)

では、ここまで読んでみて「参加してみようかな?」と思った方は、このまま次に進んでください。

ただ、あくまでも投資なんで100%ではないこと を理解した上でご利用ください。

また、投資はあくまでも余裕のある自己資金でお願い致します。

登録方法

ITGウォレットはテレグラムが必須なので、持ってない方はインストールしましょう。

▶︎テレグラムのインストール方法◀︎

(初期は英語なので、日本語化する方法も載せてます。)

登録

ITGウォレットを追加するのは一瞬で終わります。

▶ITGウォレットに参加する◀

上記をタップしてもらうと、あなたのテレグラムのアカウントにITGウォレットが追加されます。

あとは画像を参考に進めるだけです。

手順
  • 「はじめる」をタップ
  • 「Agree」をタップ
  • 「Japanese」をタップ

最後に

このITGウォレットはロック期間がないので、かなり手堅くBTC枚数を稼げる案件です。

今のご時世にピッタリなので、ぜひ、参加して下さいね。

入金や運用方法は別の記事で解説してますので、そちらをご覧ください。

また、運用による配当など詳しい情報も随時載せていきます。

もし、もっと稼げる案件を知りたい方は、LINE@で極秘情報を流してるので、ぜひご登録ください。

追加速報です!

先日、ご案内した国内マイニング案件ですが、BTC上昇が見込める今が稼ぎ時です!
「安全・安心・キャッシュレスで資産構築」
速報!
  •  マイニング工場の水谷翔太社長は元行政区長
  • 全国セミナーも随時開催
  • マイニング工場はオール日本
  • 4年間元本回収率100%の実績
  • 東京日動の保険に加入
  • 自動出金システム
  • 法人節税スキーム有り
▶詳細はコチラ