【徹底調査】HYIP案件●●がメンテナンス多発で詐欺の疑い!?月利20%超えはウソ?驚愕の運営実態が明らかに・・・!!

【徹底調査】HYIP案件●●がメンテナンス多発で詐欺の疑い!?月利20%超えはウソ?驚愕の運営実態が明らかに・・・!!

どうも、ユウタです。

今回は「アービトラージ」を利用したHYIP案件で、最近、国内でマーケティングが盛んになっている案件ついてご紹介いたします。

この案件はネットでもリアルでも、かなりしつこい勧誘が行われており、MLMを採用していることから一部ではアンチがいたりする案件です。

しかも現在、システムのメンテナンスが多発しているそうで、「運営が飛んでしまうんじゃないの??」とTwitter上では言われてます。

実際はどうなのでしょうか?調べてみたら色々と情報が出てきたのでご紹介しますね。

ジュビリーエース(jubileeace)とは

ジュビリーエース(jubileeace)とは「AQUA」というアービトラージを自動で行うシステムを提供している案件で、主に3つアービトラージを提供しています。

アービトラージシステム
  1. 仮想通貨アービトラージ
  2. スポーツベッティングアービトラージ
  3. コモディティアービトラージ

このように、世界最大手の仮想通貨取引所バイナンス内での仮想通貨間のアービトラージ、世界の大手スポーツベッティング数社の倍率の差を利用した自動ベッティングのアービトラージ、原油など先物取引を利用したコモディティ―アービトラージ、この三つを柱としたサービスとなっています。

今、ジュビリーエースが注目を集めている理由としては、日本におけるビットクラブの仕掛け人「玉井 暁」氏が関わっていること、また、国内で普及し始めたばかりの案件であることから先行者利益を取るためであると言われてます。

2019年6月に中国マカオにてグローバルローンチされた後に、日本でもマーケティングが展開され注目されています。

特徴

ジュビリーエースは他の案件とは異なった複数のキャンペーンがあり、それらを利用した複数の報酬を得ることが可能となっている案件です。

アービトラージは理論上100%の利益が出せるモデルとして、多くのプロジェクトが採用していますが、それをさらに改良した「三角アービトラージ」をシステムに取り入れています。

「三角アービトラージ」というのは簡単に言うと、JPY⇒USD⇒EUR⇒JPYと三つの通貨間を一周して価格差で利益を得るシステムです。

また、ジュビリーエースはMLMの方式のマーケティングを行うため、紹介報酬が大きいと言われてますね。

分析システム「AQUA」

そして、それらのアービトラージシステムを支えているのは、創業者が開発した「AQUA」というデータ分析システムによるものらしいです。

このシステムがアービトラージによって利益の上がる投資先や投資手法を分析して導き出しているそうです。

高額な配当

ジュビリーエースで特に注目されているのは月利最高20%にも及ぶ高額な配当があるという点です。

アービトラージは理論上では損失がない投資法であると言われていますが、とても小さな利幅を狙うので、平均的な利率7%で計算した場合は約1年2か月で元本が回収できる計算になります。

そして、手数料20%が自動で引かれるため、元本が回収できるまでにかなりの時間を要すると思われます。

払い出しは可能??

ジュビリーエース側は投資金を増やすことで、利率を15%以上に増やすことも可能であると言っていますが、例えばあなたが500万円を預けたとしたら「500万円×月利15%=75万円」という計算になります。

ジュビリーエースは世界中に会員が存在するため、この金額を出来たばかりのイチ企業が世界中の会員に支払い続けることが果たして可能なのでしょうか?

一部の仮想通貨ユーザーは「現実的な報酬体系ではないでしょ」と眉をひそめているみたいですね。

運営会社の実態

資料によれば、運営会社である「Jubilee Ace Limited」英国領ヴァージン諸島にて設立された企業であると記載されています。

しかし、記載されていた所在地は郵便物を受け取るための「私書箱」であり、ペーパーカンパニーとして登録されている可能性があります。

税金がかからない国に所在地を置いているのであると思われますが、本社の場所が正確に把握できない状態となっています

また、ヴァージン諸島で金融サービスを開始するためには「BVI金融サービス委員会」の認可が必要なのですが、認可を受けたという証拠を確認することができていないそうで、運営側の実態が不透明であると言えるかもしれませんね。

玉井 暁

日本各地ではジュビリーエースのセミナーが開催されていて、講師として「玉井 暁」という人物が登壇しているそうです。

この人は実は、破綻した「ビットクラブ」のトップ販売員としても有名な人物なので、ジュビリーエースは高配当で稼げて運営も安全である、という所を信用にするのは危険だと思われますね。

案件の評価は

ジュビリーエースは元本を出金することができず、大体10か月以上運用しないと利益にならない、と言われています。

元本償却型となるため、月利が低ければ元本回収までにかなりの時間を要するため、多くのユーザーは慎重に考えているみたいですね。

最近ではメンテナンスが多発していることから、詐欺案件の疑惑も浮上しているため、評価の賛否は分かれています。

元本を出金できないのは、かなりの痛手ですね。

メンテが多すぎだよ、そのまま飛ぶのも時間の問題?

ユウタの見解

ジュビリーエースに参加するデメリットはたくさんあると思います。

まず、MLM方式でマーケティングをしていて、しつこい勧誘が多いため悪い噂が結構増えています。

新規参入が減ってしまうため運営にとっては良くない傾向でしょう。

また、元本を引き出すためにジュビリーエースで得た報酬が元本の3倍になる必要があると言われているので、その間に運営が飛んでしまうリスクが高いと言われてます。

ファンダ的にも現在のところ大手企業との提携などを予定していないことから、ジュビリーエースへの参加は慎重に考えて下さいね。

もし聞きたいことがあればLINE@でお答えいたしますので、ぜひご登録下さいね。