【数量限定】今一番アツい!仮想通貨Filecoinのマイニングとは!?価格上昇の理由を徹底解明!

【数量限定】今一番アツい!仮想通貨Filecoinのマイニングとは!?価格上昇の理由を徹底解明!

どうも、ユウタです。

僕の界隈では最近、仮想通貨の話になると、

何かとこのコインの名前が挙がってきますし、このコインに目をつけている大口の投資家がかなり増えてます。

なので「これは、読者のみんなにもお知らせしないと!」と思い立って今日は記事にいたしました。

「もう、ICO案件はちょっとなあ・・・」

「上場されないリスクがあるし・・・」

と思ったあなた。

ご安心ください、今回のコインはICO案件ではありませんし、

すでに上場されていて、先物取引が始まっています。

(現物取引に関してはメインネットがローンチされ次第始まる予定です。)

そして、その先物取引の段階で価格が結構上がってきています。

「え?じゃあ、今日はどんな話なの?」

と疑問に思った方もおられるでしょう。

今日はですね、「今一番アツい!」と話題の仮想通貨

「Filecoin」

についてお話しします。

そして、そのFilecoinに関連する「重要投資情報」も紹介しようと思ってます。

なので、あなたがもし

✔️手堅く資産を増やしたい!

✔️大きく配当をもらいたい!

✔️どれくらい収益を見込めるの?

と気になったなら、最後まで読んでいただければ幸いです。

間違いなく、「今一番アツいコインになる!」と僕は感じているので、参加しないと大チャンスを逃すことになるかもしれませんよ?

(稼げるチャンスを逃してしまった!と後悔しないように、是非記事を読んでみてください。)

では、早速ご紹介していきますね。

(※最後に詳細を記載していますが、参加枠に限りがあるので、お早めに参加して下さいね。)

Filecoinとは?

https://nextmoney.jp/

この仮想通貨Filecoinですが「知ってるよー!」と言う方は少ないのではないでしょうか?

実はまだ国内ではそこまで認知されてませんが、海外では大口の投資家の間では話題になっています。

しかも、最近になって、このコインに関するプロジェクトが急速に動き出していて、それに連なる様に価格が上昇しています。

なので、あなたも仮想通貨に興味があるなら覚えておいて損はないですよ。

では、早速このFilecoinについて簡単にご説明いたしますね。

Filecoin概要

https://nextmoney.jp/

このFilecoinと言うのはどんなものかと言うと「分散型ストレージネットワークの構築」を実現するプロジェクトなんです。

「ちょっと、何言ってるかわからない・・・」

と、思ったあなたの為に簡単に説明しますね。

例えば「Googleドライブ」「Dropbox」など

クラウド上にファイルを預けて、同時にいろんな人とファイルを共有するサービスがありますよね。

これを利用するにはサービスを運営する特定の企業にデータを預けて、そこにユーザーがアクセスすると言う形でした。

しかし、これだと中央集権的になってしまうデメリットがあります。

(一つの企業に全てのデータ管理と保管を任せるリスクがあるんです。)

そこで、Filecoinと言うプロジェクトはブロックチェーン技術を利用して、分散的にクラウド上でファイルを管理するものとして誕生しました。

つまり、仮想通貨の様にみんなでファイルを保存する非中央集権的なクラウドファイル管理を実現したんですね。

簡単に言うと、特定の企業がファイルを預かるのではなく、みんなでみんなのファイルを保管して預かるイメージです。

あと、メリットは他にもいくつかあるのですが、先にその仕組みについて詳しく説明させてください。

IPFS

これを可能にするのは「IPFS」と言う技術で、ストレージ(保存容量)の貸し借りができる分散型ストレージネットワークの構築が可能です。

現在、全世界で約50%が利用されていない、つまりストレージが余っている状態であると言われてます。

そこで、Filecoinプロジェクトはこの余った容量を貸し借りするためのプラットフォームを提供する役目を担います。

つまり、新しい世代のストレージサービスは、ブロックチェーンを活用してユーザー同士でデータを管理する非中央集権型になる、と言うことなんですね。

すでにこの「IPFS」を採用する企業は多数存在していて、あのNetflixやGoogleなどを手掛ける「テックジャイアント」が有名です。

データ問題を解決

近年では、スマートフォンが急速に普及したり、通信インフラの向上によるデータ通信の増加、コンテンツ数の急増などで世界のデータ量が何十倍も伸びています。

しかも、今後5Gが普及すると今まで人類が体験していないデータ量の増加になると言われています。

なので、今までの様なクラウドストレージで保管するデータ量に対する、コストとセキュリティーの問題も増加すると予想されています。

そこで、Filecoinはその問題を解決する為に、これからの新世代インターネットの通信インフラになる為に構築されました。

すでにスタンフォード大学が進める「ゲノムデータの保存プロジェクト」「AI自動運転自動車」のデータストレージとして使われています。

Filecoinがアツい理由4つ

https://nextmoney.jp/

「で、結局なんでそこまでアツいんですか?」

と言う声が聞こえてきたので、その部分に関してお答えしましょう。

なぜ、Filecoinがそこまで「大口投資家に注目されている」「先物取引で高騰している」のか?と言う理由なんですけど。

今回、その理由について大きく4つに分けてご紹介いたします。

大口投資家の参加

まず1つ目としては「大口投資家がICOに参加していること」ですね。

このファイルコインはICOで資金調達を行いましたが、なんと1時間で約170億円ものお金を集めました。

そして、最終的に「282億円」の資金を集めたそうです。

しかも、そのICO参加条件が

  • 総資産額1億ドル以上の投資家
  • 年間で20万ドル以上の利益を出している投資家

このどちらかに該当する機関投資家やVCのみと言うものでした、それにも関わらずこれだけの資金を集めたのです。

(一般投資家からの資金は全く集めていません。)

参加した有名な大口投資家
  • SEQUOIA CAPITAL:超有名な大手VC
  • ANDREESSEN HOROWITZ:アメリカの大手VC
  • Ycombinator:シリコンバレーに拠点を置くスタートアップアクセスレーター
  • Naval Ravikant氏:webサイト「Angellist」を立ち上げた有名投資家
  • Winklevos:仮想通貨系VC
  • スタンフォード大学

結果として、この様な大きいVCや機関投資家が大体2100名ぐらいが投資したそうです。

(これは物凄い結果ですよね。)

つまり、何が言いたいかっていうと、大手VCは自社で投資した物の値段が下がらない様に動きます。

なので、Filecoinの後ろにはこの様な大手VCや機関投資家がバックについていると言うことなんですね。

要は、100%とは言い切れませんが価格が暴落する可能性は限りなく低いのではないか?と言うことなんです。

大手取引所への上場発表(公式)

https://gemini.com/prices/filecoin

2つ目は、すでに公式発表されていることなんですが「大手取引所への上場」です。

Facebookのマークザッカーバーグと元同僚でアメリカでかなり有名なウィンクルボス兄弟が運営している「GEMINI」と言う仮想通貨取引所への上場が決まっています。

また、さらにコインベースと言うアメリカの大手仮想通貨取引所では、「カストディサービス」としてFilecoinを使うと発表しております。

(カストディサービスがわからない人は説明がややこしいので、ググってください 笑)

あと、まだ具体的な日にちは公開できないのですが、僕が聞いた情報によるとコインベースへの上場もほぼ確定しているそうです。

過去の事例から推測すると、コインベースに上場した通過はほぼ確実に価格が高騰してるます。

つまり、Filecoinも99%上場されて価格が上昇する可能性があると言うことなんですね。

おそらく、上場した瞬間に爆上げもありえると予想されます。

先物取引市場

3つ目の理由ですが「先物取引市場で価格が上がっている」ことですね。

先物取引市場
  • Gate.io
  • LBank
  • TOKOK
  • BitForex

実は、Filecoinの先物取引はすでに2年前から開始されていて、月間の取引量が1000億円規模までになっています。

しかも、Gate.ioは将来性のあるコインを多く上場させる取引所として知られています。

(結構、期待されているんですね。)

また、2020年6月現在の先物価格が10ドル以上続いてますので、ICO価格の5ドル付近よりもかなり伸びてきています。

Filecoinマイニング

https://nextmoney.jp/

そして、最後の4つ目の理由がかなり重要なので、しっかり覚えてください。

今、世界一番ビットコインのマイニングを行っている中国の「f2pool」というマイニング企業があるのですが。

こちらが「ビットコインマイニングからFilecoinマイニングに主軸を変更していく」っていうのを公式に発表しているんですね。

つまり、今後はFilecoinのマイニングプールっていうのが、急激に大きな規模に成長していく、と言うことなんです。

要は、世の中の流れが「ビットコインマイニング」から「Filecoinのマイニング」へと投資が切り替わってきている、と言うことなんです。

だから、冒頭にも述べたとおり、大口投資家や僕の界隈では「Filecoinが今アツいよね」と言う話になってるんですね。

勘の良い人はもう気づいたでしょう。

そうです、ここからが今日の本題になります。

FIlecoinのマイニング

僕が今日皆さんにお伝えしたかったことは、価格が上がる可能性が高いコインの

「マイニングに参加しませんか?」

と言うことなんです。

「いや、そうは言っても本当に稼げるの??」

おっしゃる通りで、もちろん利益を100%保証できるのもではありません。

ただ、僕の紹介で皆さんが爆益を獲得してもらえたら、僕自身にもメリットがあるから紹介している部分もあります。

しかし、何よりも僕に関わってくれているみんなで稼ぎまくって、全員で勝ちたいんですよね。

ただ、このマイニングに参加するかどうかは自分の判断で決めてください。

僕はあくまで選択肢を提供するだけなので「面白そうだな!」と思った人だけ、このまま続きを読んでください。

Filecoinマイニングのポイント

今回の内容を簡単に言うと

「ファイルコインのマイニングを誰よりも先に始めて、先行者利益を取りませんか?」

と言うことなんです。

実は、ファイルコインのメインネットのローンチがもうすぐ始まる予定になってます。

なので、ローンチは始まった後になると競合のマイニングしている企業も増えてくると予想できます。

そうなった場合、メインネットローンチ前の採掘量が、ローンチ後になると「3分の1」まで減ってしまうと言われてます。

つまり、そういった理由で今のうちにマイニングに参加して、先行者利益を獲得してしまおう、と言うわけなんですね。

確実ではないにしても、ローンチまでに投資金額分を稼いでしまって、あとは全部利益になると言う可能性も十分に狙えます。

これが「ファイルコインのマイニング」だからこそ、できることなんですね。

先行者利益のメリット

先行者利益に関してですが、実は、ファイルコイン総発行量は20億枚に設定されています。

そのうち、70%の14億枚はマイナーに割り当てられ、ブロック報酬の形で20年間をかけて徐々にマイナーに分配されます。

ここで重要なのは、メインチェーンは強力な処理能力を必要とするため、特に初期段階が多くの参加者を必要としていることです。

こういった理由があり、初期段階のマイニング報酬は特に高く設定され、そこから徐々にマイニング報酬が減少していく仕組みが採用されています。

そういった背景があって、初期の6年間で14億枚の半分が分配される予定です。

(これはかなり先行者にメリットありますね。)

つまり、メインネットローンチの直後から参入する先行者メリットはきわめて大きいということなんですね。

実際の収益

「アツいのはわかったから、実際どれだけ稼げるの?」

という、あなたの為に、実際の収益について説明させていただきます。

基本的にマイニングマシン1台当たり月間、約282枚がマイニングで獲得できるそうです。

そして、マイニングマシン1台の値段が約100万円となります。

「いやいや、そんな大金用意できないって・・・」

と思ったあなたに朗報です。

今回、プランを分けて募集されることになり、一番最小で900ドルくらいからの参加が可能です。

ちなみに収益を単純に計算すると下記になります。

収益計算
  1. マイニングマシン1台当たり月間で282枚採掘した場合
  2. 2020年6月現在、Filecoinが先物価格で1100円ぐらいの価格
  3. 月間で約30万円分が獲得できることになる
  4. 約三ヶ月でマイニングマシン代金を回収
  5. その後は利益になる
    (※あくまで計算上です。)

※詳しい利益計算はコチラ

もちろん下がる可能性もありますが、もし、価格が上がればそれ以上の利益が見込めます。

うまくいけば、約3ヶ月ぐらいでマイニングマシンの購入代金を回収できるでしょうね。

しかも、メインネットローンチだけでなく、コインベースへの上場など今後価格が上がる可能性が高いので、キャピタルゲインを狙うことも十分に可能です。

ポイント

気をつけていただきたい点ですが、マイニングマシンは毎月1台あたり必ず282枚が採掘できるわけではありません。

あくまで、最大で282枚となり、ローンチ後は採掘できる枚数が少しずつ減少いたします。

(※最大282枚はメインネットローンチ前に参加することが条件です。)

「じゃあ、収益が減っていくんじゃないの?」

と思われますが、必ずしもそうではありません。

ローンチ後には上場など、マーケット展開される予定なので、1枚あたりの価格が上昇する可能性が高いです。

つまり、採掘枚数が減っても価格が上昇するので、結果的に収益がプラスになる期待値がかなり高くなります。

この案件はそこがポイントになってます。

参加方法

参加方法はとてもシンプルです。

こちらのFilecoinマイニング参加ページに飛んでいただき、申し込みをするだけです。

(※最後に注意事項を記載しておりますので、必ず確認して下さい。)

新規登録

まずはFilecoinのページにジャンプして、画面上部の「人物マーク」をタップしましょう。

こちらの画面になるので、少し下にスクロールしましょう。

登録の項目が出てくるので、アドレスを入力して「登録」をタップして下さい。

プランの選択

再びこちらのホーム画面に戻ってください。

下にスクロールすると上記プランが出てくるので、お好きなプランを選択してください。

(複数選択可能です。)

配当計算

概算で月間で「16TiB当たり282枚」のFilecoinが採掘されますので、それに基づいて算出すると。
(※2020年6月時点の計算:1Filecoin=約1200円)

 

【月間の収益】
  • +676,800円:🎖クラウンプラン(564枚)
  • +338,400円:🥇プレミアムプラン(282枚)
  • +84,600円:🥈スタンダードプラン(70.5枚)
  • +33,840円:🥉スタータープラン(28.2枚)


※こちらは全て概算であり、利益を保証するものではありません。
※締め切りに関しては、プレミアム200台で一旦クローズとなります。

プランをタップするとカートに追加されます。

購入手続き

画面上部の「カバンマーク」をタップすると、コチラの画面が表示されますので「お支払いへ進む」をタップしてください。

上記項目を入力して下さい。

「銀行振込」or「Bitcoin」を選択して「注文する・購入する」をタップして下さい。

無事決済が完了すれば、後日キットが届きますので、マニュアルに沿って使用してください。

(キットに関する質問、Filecoinに関する問い合わせはコチラにこお願いいたします。)

注意事項
  • 6月末までに入金を完了した方は、8/20のメインネットローンチからマイニングがスタートします。
  • セットアップに1ヶ月以上掛かりますので、7月以降の方は8/20に間に合うかを保証できません。
  • 締め切りに関しては、プレミアム200台で一旦クローズとなります。

最後に

ここまで読んでいただいて、誠にありがとうございます。

「ちょっと、参加してみようかな?」

「これは面白そうだな!」

という方はぜひ、参加してみてくださいね。

本日は以上となりますが、質問などありましたらお気軽にLINE@からも、お問い合わせください。

ユウタでした。