【速報】仮想通貨イーサリアム(ETH)開発者が逮捕される・・・!

【速報】仮想通貨イーサリアム(ETH)開発者が逮捕される・・・!

どうも、ユウタです。

11月30日にニューヨーク州検事と連邦捜査局(FBI)がイーサリアム財団のトップ研究員Virgil Griffith氏」逮捕し起訴したことを発表しました。

イーサリアム開発者逮捕

検察側は起訴について、Griffith容疑者は米国の制裁から逃れるための資金洗浄に利用されると知りながら、北朝鮮にブロックチェーンの技術供与をしたことを指摘しました。

Griffith氏の行動

グリフィス氏は今年4月に米国が許可しなかったのにも関わらず、平壌ブロックチェーンカンファレンスに参加するため北朝鮮に渡りました。

その際に、ブロックチェーンと仮想通貨技術を利用して、北朝鮮がマネーロンダリングを実行できるかを議論した疑いが持たれています。

さらに、北朝鮮に対する制裁に反していると知りつつも、韓国・北朝鮮間の仮想通貨取引を促進する計画を画策していたと言われてます。

国際緊急経済権限法

今回、違反したとされるのは米国の「国際緊急経済権限法」で、最大20年の懲役を科されると言われています。

北朝鮮の動き

北朝鮮が経済制裁を回避する手段として、仮想通貨を利用していることが近年問題視されており、サイバー攻撃などを通じて最大20億ドルの資金を違法に取得したと言われてますね。

また、国連の最新レポートによると、北朝鮮は国民の中からIT技術に特化した人材を選抜し、仮想通貨専門のハッカーを育成していると言われてます。

これが事実だとすれば、かなり恐ろしい勢力になる可能性がありますね。

あなたもウォレットのセキュリティーがしっかりしているのか、参加している案件は安全なのか、今一度確認しましょうね。

FBIの訴状

訴状によると、北朝鮮のカンファレンスで、グリフィス氏はブロックチェーンや仮想通貨技術を使って、北朝鮮の資金洗浄や制裁回避の為にどのように利用できるか、そして、北朝鮮がこれらの技術を利用し、国際金融機関の影響を受けないようにできるのか、について議論したとされています。

また、尋問の中で彼は「2020年に再び開かれるカンファレンスにも参加したい」と述べたそうです。

イーサリアム財団の声明

報道の後、財団は「容疑者は当財団を代表していない」「財団はプライベートで行われた北朝鮮への渡航を承認も支援もしたことはない」と述べました。

元ハッカーだった?

グリフィス氏は学生時代から有名なハッカーで、学生当時に教育用システムのセキュリティ脆弱性を公表しようした際にはBlackboard Inc.から訴えられた過去があります。(後に和解)

2008年頃、彼はWikipediaを無登録アカウントで編集した企業や組織を探知するツール「WikiScanner」の作者として人気者のハッカーでした。

LinkedInのプロフィールによると、2014年にカリフォルニア工科大学で博士号を取得後、シリコンバレーのテクノロジー企業でCTOを務め、ダークウェブ検索エンジン「onion.link」を公開しました。

2015年にはシンガポールに移住し、2016年10月にイーサリアム財団のリサーチサイエンティストとなりました。

まとめ

彼は元々、米国から海外へ国籍を移すことを希望しており、アメリカに対する愛国心がないため、このような行動をとっていると思われますね。

高い技術力や知識を持つことは素晴らしいですが、力を持ちすぎると間違った方向に向けられた際には注意が必要ですね。