【徹底考察】仮想通貨ビットコインの急落要因、●●の影響!?今後、上昇のタイミングは?

【徹底考察】仮想通貨ビットコインの急落要因、●●の影響!?今後、上昇のタイミングは?

直近のBTCの急落は「米CMEのBTC先物SQ日」がビットコインの影響している傾向があるという情報が入ってきました。

実際に今回の市場急落タイミングとも一致しているため、かなり有力視されています。

現在は落ち着いていますが、今後の動きも含めて気になるところなので、今回考察してみました。

急落要因

仮想通貨分析企業「Arcane Crypto」がBTC先物のSQ日とビットコイン現物市場の相関性に関する調査を実施し、結論として「大きいネガティブな影響がある」と発表しました。

この調査は2018年1月〜2019年8月までのデータを基に分析し、先物SQ実施日の75%で現物市場のビットコイン価格が下落している状況が確認できた、と述べました。

そして、今回の市場急落も次回CMEのSQ日の約2日前のタイミングだったため、同じ傾向が確認されています。

異常値?

このようなビットコインの価格の反応は異常であると指摘されていて「SQに向けてビットコインの価格が操作されているとの仮説は裏付けられる。」と強く主張しました。

しかし、完全に意図的な操作とは証明されていません。

今回の急落は投資家のヘッジ戦略の可能性も指摘されていて、様々な要因を分析する必要があるとの見解を示しました。

まとめ

今後の展開としては、市場全体が弱気傾向になっているため、持ち合いから下落トレンドに入れば再び急落の展開が十分にあるでしょう。

80万円台付近が重要なラインと言われているので注目しましょう。

仮に再び上昇が始まったとしても、しっかりとした上昇のための足場が形成されるまで慎重にタイミングを見計らってください。