【国内最大級・投資案件情報局】CRYPTO AGENT CLUB

"億稼ぎ"クリプトエージェント・ユウタによる国内最大級情報発信局。

テレグラム新設! ◆ 登録はコチラから ◆ 優良案件随時配信!

【徹底考察】仮想通貨ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)超回復も危険信号あり!?その理由は●●だった!

【徹底考察】仮想通貨ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)超回復も危険信号あり!?その理由は●●だった!

【徹底考察】仮想通貨ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)超回復も、危険信号あり!?その理由は●●だった!

直近のビットコイン(BTC)はもみ合いの幅が小さくなり、102万円付近から反発を見せています。

この動きでいくと移動平均線がレジスタンスになる可能性がある、と言われていますが、強気姿勢のユーザーの買い圧力により上昇が維持されれば120万円付近まで上昇する可能性は大きいでしょう。

楽観できる?

2つの移動平均線は現状横ばいに推移しており、買い手と売り手の圧力バランスが拮抗ししている状態である、と多くのアナリストは述べており、実際のところ、次の価格の動きを予測することがとても難しい状態であると言えます。

もしも、移動平均線を上回ることができなければ大きな売りを招く可能性が高く、はっきりとした上昇の動きが見えてから購入するのが最善であるかもしれません。

万が一、下落によって9,000ド付近を下回ることになれば7500ドル付近まで下落する可能性があるため注意が必要です。

なので、下降トレンドラインを上抜けた場合にロングポジションを取ることが重要かもしれません。

リップル

直近のXRPは0.24ドル付近の大きなサポートラインを上回った状態を維持しており、しっかりと買いの動きがあることを示すもので、いい傾向であると言われています、

しかし一方で、強気派の買い圧力で上抜けることができなかった場合は、売り圧力の高まりによって0.22~0.24ドルのサポートゾーンでもみ合いとなり、このゾーンを下抜けることになれば0.19ドルまでの下降トレンドが始まってしまうのではないか?と分析されています。

まとめ

直近の相場の動きとしては、正直なところ「静観」すべき状況なのでは?と感じていますが、上昇の期待が持てる場合は早くからポジションをとってもいいかもしれません。

しかし、焦ってポジションを取るくらいならば、とりあえず静観してから買いのタイミングを見計らいましょう。

最新の情報が入り次第テレグラムで配信いたしますので、ぜひご登録下さい!

コメントを残す

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.