【大暴落】ビットコインは再び暴落、イーサリアムなどアルトコインは今後衰退か?

【大暴落!】ビットコインは再び暴落、イーサリアムなどアルトコインは今後衰退か?

7月5日の急落を契機に1000ドル以上の幅でBTCが下落し、仮想通貨市場は警戒を強めました。しかし、直近のビットコイン・ドミナンスは62%を超える高水準で動き、リップルやイーサリアムなどのアルトコインが衰退するのでは?との説も有力視されています。

ビットコイン(BTC)直近チャート

ビットコイン(BTC)は7月5日の午前9時頃に急落し、大幅な反騰による安堵感もつかの間、再び下げ圧力が強まっています。

同日午前1時の4時間足確定までに128万円付近で上値が抜けきらないことを契機に大幅下落し、4日7時ごろの時間足陽線を下に抜けたことで、上昇の空気感が無くなり、投資家心理が売りに傾いたことが原因かと言われています。

今後の動きとしては、このあと反騰して揉み合いとなるか、さらなる続落となるか市場は注目しています。

アルトコインが衰退?

現在のビットコイン上昇トレンドにおいて「アルトコイン・バブル」が再び来るかどうか、多くのアナリストは悲観的な予想を立てています。

しかし、イーサリアムはビットコインとの相関性が高いので、2019年以降は現時点ですでに134%の価格上昇(USD建て)を見せています。

著名アナリストの見解

海外で有名な仮想通貨アナリスト「Josh Rager」氏は直近のイーサリアムのチャートに関して以下のように述べました。

ETHは日足、週足のチャートで2016年から3年間のサポートラインをノックしてるね。

BTCが優位性を維持し続ける限りはETHやほかのアルトコインにとってほとんど不利な状況じゃないかな?
とにかく、BTCの動きが現時点では焦点になるね。

もし、今後もビットコインが現在のドミナンスを継続させれば、イーサリアムやその他のアルトコインが不利になることは明らかである、との意見が多く、実際にビットコイン・ドミナンスは年初来最高の62.2%を上回る水準で推移しているため「アルトドレイン現象」を加速させていると言われています。

今後もBTCの動きには注目すべきですし、新しい情報が入り次第ブログやLINE@で更新しますので、チェックしていてくださいね!