【徹底考察】ビットコインは2020年までに●●万ドル突破!?爆上がりする理由が判明!!

【徹底考察】ビットコインは2020年までに●●万ドル突破!?爆上がりする理由が判明!!

2018年から仮想通貨のハッキング事件が多発し、仮想通貨自体が悪い印象を持たれている側面があり「仮想通貨はオワコン」という意見も一部では見受けられました。

しかし、一般ユーザーが気づかないところで「ICOブーム」が起き、さらに2019年に入ってBTCの価格が超回復を見せました。

一般メディアは仮想通貨の悪い側面を煽るような記事を量産していましたが、それは単なる注目を集めるための手段であり、仮想通貨に対する知識や経験がほとんどない一般メディアの情報をうのみにしていては折角の「億り人チャンス」を逃してしまいます。

事実として「もうこれ以上ビットコインの価格は上がらない」と多くの専門家たちが豪語していたにも関わらず、 2019年4月2日以降の下降トレンドのブレイクを皮切りにビットコインの価格が再び高騰し世間を賑わせました。

2020年に向けてBTCや仮想通貨市場はどの様な動きを見せるのでしょうか?今回、徹底考察いたしました。

BTCの将来性

執筆時点のBTCは鬼門となる8月の終わりに一時下落を見せつつも、何とか102万円付近に踏みとどまり、微力ながら上昇を続けています。

では、そのような動きの中、今後、BTCがどれくらい上昇を期待できるのか考察していきます。

国際送金の需要

海外に送金をすることがあまりない方はイメージしにくいかもしれませんが、海外送金は従来は銀行を通じて海外送金をするしか手段がなく、送金するだけでも2〜3日、遅ければ1週間かかることがほとんどで、送金手数料がだいたい約15%程度と、とても高く設定されています。

しかし、ブロックチェーン技術によりビットコインは数円〜数百円程度で送金でき、送金スピードはわずか10分程、リップルという送金特化の仮想通貨であれば、わずか数秒というスピードで着金まで至ります。

つまり、今後、通信技術の発達や規制の整備が進み、国際的に仮想通貨による取引が標準化されればBTCの需要が飛躍的に伸び、価格高騰が期待されます。

実際、大手企業が仮想通貨を決済手段に取り入れはじめていて、仮想通貨が従来の決済手段より普及することは時間の問題であると言われています。

企業は送金コスト、決済コストを削減するために、近年は積極的に仮想通貨を取り入れる動きを見せています。

銀行口座が不要

仮想通貨はスマートフォンさえあれば、ウォレットアプリなどにより銀行口座を持っているのと全く同じように仮想通貨やビットコインを自由に保管したり、受け取ることができます。

実際、仮想通貨のイーサリアムを使って難民支援を行っている団体もあり、実用性が担保されつつあります。

資産保全価値

国によっては法定通貨に不安を抱える国も珍しくないので、例えば、公式的には100円で本来買えていたはずのものが50,000円を支払わないと買えないという、インフレ状態の国も存在しますが、しかし、ビットコインがこの問題を解決できる可能性があるのです。

自国通貨の価値が暴落したとしても、ビットコインは世界共通の価格なので、自国通貨が暴落したとしても、ビットコインが世界共通の安全な資産保全機能を果たしてくれる存在でもあるのです。

今後の価格

仮想通貨は発行上限(供給上限)が決められており、このまま普及を続けると需要が上回る可能性が非常に高く、需要がある一定の規模をクリアした場合、ビットコイン自体の価値が上がっていくことは容易に想像がつくのではないでしょうか。

2019年にBTCの価格が回復を見せたのは、実需の伸びと同時に半減期(供給量が変わる)を意識した動きだと言えるので、2020年に来ると言われている半減期に価格への影響は必須であると思われます。

一部の強気アナリストは「2万ドルは突破する」と予想しており、年内には不可能であるとしても2020年には到達する可能性が十分にあるので「億り人」になれるチャンスがまた訪れるかもしれません。

追加速報です!

先日、ご案内した国内マイニング案件ですが、BTC上昇が見込める今が稼ぎ時です!
「安全・安心・キャッシュレスで資産構築」
速報!
  •  マイニング工場の水谷翔太社長は元行政区長
  • 全国セミナーも随時開催
  • マイニング工場はオール日本
  • 4年間元本回収率100%の実績
  • 東京日動の保険に加入
  • 自動出金システム
  • 法人節税スキーム有り
▶詳細はコチラ