クリプトエージェント・ユウタ

"億稼ぎ"クリプトエージェント・ユウタによる国内最大級情報発信局。

ここをタップして、僕と繋がりましょう。有益な情報を届けます。

【警告】ビットコイン超回復も、最悪の場合は8月に●●ドルまで大暴落の可能性アリ!?

【警告】ビットコイン超回復も、最悪の場合は8月に●●ドルまで大暴落の可能性アリ!?

ビットコイン超回復も、最悪の場合は8月に●●ドルまで大暴落の可能性アリ!?

8月2日のビットコインは下落機運を脱出し、見事1万ドルを回復しました。

しかし、現在も比較的狭いレンジ内での推移が続いており、また、過去のデータによると「8月はビットコインにとって最悪の月」と言われているため、大幅な上昇が期待できないのでは?という説が浮上しています。

はたして、本当に上昇はないのか?今回、考察してみたいと思います。

ユウタユウタ

博士!ビットコインは回復して上昇トレンドにはいったんじゃないの?!

クリプト博士クリプト博士

ユウタよ、いろんな側面から分析することは大事じゃぞい、この記事を最後まで読みなされ。

市場の反応

米国の金融関係者は7月末から夏休みに入り、日本では8月はお盆があり、取引量が減少することも背景にあり、例年8月はビットコインにとって大きなリターンが見込めない月として知られています。

仮想通貨の著名アナリスト「ティモシー・ピーターソン氏」2010年以降、8月のビットコインのリターンの中央値はマイナス14%ほどであると分析していて、逆に1番リターンがあるのは4月の「25%以上」、そして、5月と6月も「10%以上」のリターンがあり、今年の4~6月に続いた強気相場との傾向が一致しています。

もしも仮に、今年も例年通りに14%下がるとするならば、8月中に「8600ドル」まで下がることになります。

8月の主なイベント

8月のイベント
  • 米雇用統計発表
  • ライトコインの半減期(予定)
  • GMOインターネット(決算発表)
  • 楽天(楽天ウォレット親会社)(決算発表)
  • 楽天ウォレット取引開始

この他には米中貿易戦争の推移も市場は注目しており、6月末に米国と中国は貿易戦争休戦で合意しましたが、トランプ大統領が8月1日に両国間の合意内容が実行されなかったことを理由挙げ、約3000億ドルの中国製品に10%の関税をかけると発表しました。

85%マイニング

現在、供給されている1785万BTCを所有できる人数は、1人1BTC換算で最大1785万人にすぎず、実際には、秘密鍵の紛失でアクセスできなくなったウォレットなどが原因で、発行済みBTCの一部は失われたような状態となっており、これらの失われたBTCは最大400万コイン、総発行上限数の20%以上と言われています。

また、7過去5年間でホールドされているビットコインの量が、全体の21.6%を占めていることも明らかになっていて、この触れられていなしBTCや、発行済みのBTCにどう影響するのか注目されています。

最新の情報や、さらに詳しいことが知りたい方はLINE@にご登録下さい!

 

コメントを残す

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.