ビットコインは2020年5月までに●●万ドル突破!?アナリストが大胆予想

アナリストが大胆予想、ビットコインは2020年5月までに●●万ドル突破!は本当??

米メディア「CNBC」の司会者が「これから仮想通貨市場は上昇基調に突入します、ビットコイン(BTC)の価格は10ヶ月の間に5万5000ドル(約600万円)まで上昇するでしょう。」と大胆発言をしました。

今回はその発言の詳細と市場が本当に上昇基調になるのか?を検証してみました。

ユウタユウタ

博士!ビットコインが5万ドルを突破するって本当かい?!

クリプト博士クリプト博士

ユウタよ、その可能性はゼロではないが、冷静に市場を見なければいかんぞい。とにかくこの記事を読むのじゃ。

注目の発言

出典:twitter.com/squawkcnbc

先日、米メディアCNBCの司会者Joe Kernen氏が、ビットコインの価格がこれから上昇基調に突入し、10ヶ月の間に5万5000ドル(約600万円)まで上昇すると予想し、注目を集めました。

なぜ、高騰する?

BTCの現在の価格が100万円付近であることを踏まえると、今回の発言は「5倍以上」価格が高騰することを示し、ビットコイン価格の上昇余地がまだまだあるとの見解を示した形となります。

そして、Kernen氏が10ヶ月と述べた根拠として、ビットコインの次の半減期が2020年5月にあることを主張しています。

ちなみに番組の共演者は、彼の番組内での大胆な価格予想に驚いた表情を浮かべていたそうです。

半減期

「半減期」とは、仮想通貨のマイニングを維持するために、マイニングを行う「マイナー」がコインを生成する時に報酬として支払われるマイニング報酬が「半分に減額される時期」のことを言います。

このような施策を取ることで、新規発行通貨が減少し、市場供給量が相対的も減少します。

そのようにして通貨の希少性を高め、市場における買い需要の影響が価格に反映されやすくなります。

BTCの半減期

ビットコインは過去2回の半減期を経て、現在12.5BTCのブロック報酬が支払われていますが、来年の半減期を経て6.25BTCに減少します。

また、ビットコインの半減期だけでなく、他の仮想通貨で複数の半減期が行われ、その大部分が市場のトレンドに相関しない単独上げに繋がっています。

以上のことから、半減期は市場における仮想通貨特有のファンダメンタルズ要因として見られています。

つまり、これらのことから、来年に控えるビットコインの半減期がマーケットにおいて重要な影響を与えると言われているのです。

上昇基調

半減期に向けた上昇相場が形成されやすいのですが、実際は半減期当日にピークを迎えるわけではなく、半減期直前0.5〜1ヶ月を目処にピークを迎えることが多いのが現状です。

これは、通貨の希少性が高まる一方で、マイナーの収益性やハッシュレートの反落ポイントとして一時的に警戒される可能性があることも一因にある、と言われています。

最後に

ビットコインの半減期はブロックの生成速度によって左右されますが、約4年に1周期実行されます。

前回、25BTCから12.5BTCに減少した半減期は直近2ヶ月間で2倍近い高騰を記録したので、今回の半減期が、再び高騰を生み出すのか?また別のファンダメンタル要因によって異なる動きをするのか?

今後もLINE@にて配信していきますので、ご登録をぜひともお願いいたします!