【速報】ビットコイン大暴落の裏側で●●億円の送金が確認される!大口投資家が買い準備か!?

【速報】ビットコイン大暴落の裏側で●●億円の送金が確認される!大口投資家が買い準備か!?

ビットコインが暴落し、市場全体が動揺している最中、総額40億円近くの資金が取引所に流入していた、という情報が入ってきました。

大口投資家が大量の買いを準備しているのでは?と噂されており、もしその動きが本当の場合、ビットコインが反発する可能性があります。

個人投資家はどの様なポジションを取るべきなのでしょうか?今回、考察してみました。

大口投資家の動き

1000万ドル(約10.8億円)分の「USDT」が取引所に送られたことが判明し、大口投資家がビットコインが底値を突いたタイミングを狙って買いの準備を進めているのでは?と言われています。

また、昨日には「2500万ドル(約27億円)分のUSDC」が新規発行された、という情報も入ってきました。

今後の投資家戦略

大口の機関投資家は、大口の売り注文を出すことで買いポジションを持っていた投資家をロスカットに追い込み、価格を一気に下げさせた後、市場全体が弱気になりさらに下落したところで、底を打ったタイミングを見計らって大口の買いを入れます。

なので、今回の暴落もその流れの可能性はありますが、取引所Bakktが予想以上に盛り上がっていない点やハッシュレートが30%以上急落したことも暴落に関係していると思われるため、単純にとらえることはできないでしょう。

あなたの取るべき戦略

この場合、最も無難な選択としては、大口投資家の動きに逆らわないようにすることだ、と言われています。

大量のステーブルコインを保有する動きは仮想通貨を買うための予算となる可能性が高いため、将来的には上昇圧力になるでしょう。

執筆時点の相場は現在も少しずつ下落を続けているため、さらなる下降線をたどる可能性も十分にありますが、大口投資家が「底についた」と判断したタイミングで一気に反発に転じると予想されています。

なので、反発の動きをしっかりと捉えたところを見計らうのが得策だと予想されています。