【速報】詐欺!ポンジ確定!?出金停止の仮想通貨●●、ハッキングが嘘!?運営逃亡か・・・!

【速報】詐欺!ポンジ確定!?出金停止の仮想通貨●●、ハッキングが嘘!?運営逃亡か・・・!

どうも、ユウタです。

最も信用のある配当型ウォレットである、と謳っていた「ブロックエコトークンですが。

2019年10月10日現在も出金停止状態が続いています。

以前も取り上げましたが、今回、ハッキング攻撃がウソであること、運営が逃亡を図っているとの情報が入って来たため、今回改めて徹底調査しました。

ブロックエコ運営の危険性

ブロックエコトークンに関しては以前から危険性が指摘されていました。

ブロックエコは大手カジノグループと提携しているという情報が発表されていましたが、カジノグループ側が公式に否定し、その後、運営が「提携という情報は間違いであった」と発表するなど、提携先の企業を間違えて発表する運営に対して不信感が以前からありました。

ハッキングは嘘?

ブロックエコは現在、出金停止中で、その理由についてはハッキングによる被害だと公式が発表していました。

しかし、被害の証拠となる情報は一切出ていないことから、ハッキング自体がウソなのでは?と言われています。

一部情報ではハッキング被害を受けたはずなのにプール額が増え続けている、とも言われており、ますます疑問の声が挙がっています。

運営側が逃亡?

ブロックエコを日本に持ち込んだとされる、アフィリエイターのサポートテレグラムが突然の閉鎖となり、このまま運営も逃亡するのでは?と言われています。

サポートテレグラムの閉鎖理由として、出金停止後にテレグラム内の情報が外部に流出していることを挙げていますが、その真意はわかっていません。

国内トップリーダーが沈黙

現地で開催されるカンファレンスに日本代表として参加し、運営との繋がりをたびたび示唆していたトップリーダーですが、執筆現在もブロックエコについては全く情報を発信せず引きこもっている状態です。

Twitterの更新も停止しているようです。

ユウタの見解

今回の出金停止理由であるハッキング攻撃が嘘であったとすれば、運営陣が飛ぶ可能性が非常に高いと思われます。

昨今の配当型ウォレットは同じような流れでユーザーの資金をロックし、そのまま飛んでしまう案件が増えています。

投資をする際には運営が飛ぶリスクがあることを忘れてはいけません。

今後も、その他危険な案件など、情報が入り次第LINE@にて配信いたしますので是非ご登録下さい!

追加速報です!

先日、ご案内した国内マイニング案件ですが、BTC上昇が見込める今が稼ぎ時です!
「安全・安心・キャッシュレスで資産構築」
速報!
  •  マイニング工場の水谷翔太社長は元行政区長
  • 全国セミナーも随時開催
  • マイニング工場はオール日本
  • 4年間元本回収率100%の実績
  • 東京日動の保険に加入
  • 自動出金システム
  • 法人節税スキーム有り
▶詳細はコチラ