【知らなきゃ損!】次世代の仮想通貨COSMOS(ATOM)とは?今後期待のコインを徹底解説!

【知らなきゃ損!】次世代の仮想通貨COSMOS(ATOM)とは?今後期待のコインを徹底解説!

どうも、ユウタです。

今日の記事は仮想通貨で稼ぎたい方は、全員読んで損はない内容になってます。

本当にそう言っても過言ではないです。

仮想通貨COSMOS(ATOM)って皆さん知ってますか?

まだまだ、日本ではETHやXRPと比べると知名度が低いのが現状です。

「COSMOSって聞いたことはあるけどな・・・」

程度の方がほとんどではないでしょうか?

正直言って、僕自身もそこまで注目してはいなかったです。

しかし、なんとなく色々と調べていくうちに「ひょっとして、次はこのコインが来るんじゃないの?」

と、感じずにはいられない事実がたくさん出てきました。

実は、COSMOS(ATOM)は他の仮想通貨にはない技術をたくさん持っています。

ただ、かなり複雑なシステムになっているので、本来の価値をほとんどの人が理解していないのが現実です。

そこで、今回の記事で

  • COSMOSがどんな物なのか?
  • どれくらい価値のあるコインなのか?
  • 今後上がる可能性はあるのか?

そのあたりをわかりやすく徹底解説していますので、ぜひ最後まで読んでください。

はっきり言って、このコインを知らない人はかなりもったいないと思いますよ。

(記事の最後には大切なお知らせがあるので、ぜひ最後まで読んでください。)

仮想通貨COSMOS(ATOM)とは?

COSMOSは「ブロックチェーンのインターネット」というコンセプトで作られました。

このコスモスは「イーサリアムが抱えるスケーラビリティの問題を解決した最先端の分散型プロジェクト」と言われてます。

どの様にしてそれを実現しているのか?と言うと、

実は、コスモスではそれぞれのプロジェクト毎にブロックチェーンを構築することでトランザクション処理の効率化を行っています。

また、コンセンサスアルゴリズムはPoSを採用しているので、1秒間に4000件の処理を可能にしています。

これにより「処理遅延」の問題を解決すると言われていて、次世代の仮想通貨を形づくるポテンシャルを持っていると言われてます。

(ここから、かなり濃い内容になるので、手取り早く次に来る理由を知りたい方はこちらをタップしてください。)

COSMOSの概要

基本情報
  • 通貨名: Cosmos
  • ティッカーシンボル: ATOM
  • 代表取締役:Jae Kwon(ジェ・クォン)
  • 開発者: Tendermint Inc.
  • コンセンサスアルゴリズム: Proof of Stake
  • 時価総額:25位(2020年5月時点)
  • 公式サイト: https://cosmos.network/

COSMOSは従来の仮想通貨が抱えている「スケーラビリティ問題」を解決へと導く存在になると期待されています。

実は、これがかなり重要なポイントになっています。

なので、本当に覚えていただきたい部分です。

(めちゃくちゃ重要です。)

そして、COSMOSの基本的なプロジェクトの目的は、異なるブロックチェーン同士をつなげて運用するシステムを作ることに有ります。

では、なぜそのようなことが可能なのでしょうか?

次に、その特徴に関して紹介していきます。

COSMOSの特徴

特徴を知るにはまず「Tendermint」について理解してもらわないといけません。

このシステムはCOSMOSの基盤になっていて、分散化されたネットワークにて不正が起こらないようにしています。

さらに分散型アプリケーションの開発者は「Tendermint」を活用することで、ひたすらアプリケーション層のみに集中して開発を行うことが可能になりました。

(今までは、アルゴリズムから開発する必要がありました。)

つまり、ブロックチェーンを使ったアプリ開発が簡単にできるようにしたんですね。

また、Tendermintが提供するコンセンサスアルゴリズムはPoS(プルーフオブステーク)です。

(PoSに関してわからない方は「ステーキングとは?」の記事を読んでくださいね。)

これによって、BTCやETHなどに比べて圧倒的に早い処理能力を提供できます。

そして、その中身は2つの構成要素「ABCI」「Tendermint Core」から成り立ってます。

これについて、ひとつずつ解説しますね。

ABCI

この「ABCI」によって簡単なプログラミング言語でDAppsを作成することが可能になりました。

(DAppsはブロックチェーンを使ったアプリのことです。)

このおかげで、イーサリアムと同じように、簡単にアプリの開発ができます。

例えるなら、既存のJavaなど簡単なプログラミング言語で作ったアプリがあったとします。

それをブロックチェーン上で動かすために、ABCIは「通訳」のような役割を果たしてくれるのです。

これによって簡単にブロックチェーンのアプリを作成できるようになりました。

Tendermint Core

Tendermint CoreはPoS(プルーフオブステーク)というコンセンサスアルゴリズムを提供しています。

PoSは保有するコインが多いほどマイニングに成功しやすいので、効率の良い取引処理を実現しています。

(マイニングマシンなどを設置する必要がありません。)

現在、BTCなど主要な仮想通貨で使われているPoW(プルーフオブワーク)と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムは、計算競争に勝った人がマイニングして報酬を受けるシステムです。

そのため、計算競争に勝つために大幅なコストがかかってしまいます。

なので、PoSはコスト面でも実用面でも大きな優位性があると言われてます。

Tendermintの活用事例

このTendermintを活用した主な事例には、EthermintとCosmosネットワークがあります。

Ethermint(イーサミント)

Ethermint(イーサミント)は、イーサリアム上でのスマートコントラクトと同じ仕組みをTendermint上でも実行できるようにしたツールです。

Tendermintを基盤としたシステムにより、イーサリアムと比べて最大20倍の速さでトランザクションを処理することができます。

これによって、トランザクション手数料も大幅に抑えることが可能になります。

さらに、後ほど紹介するCosmosネットワークに組み込まれることで圧倒的なスケーラビリティを発揮します。

そういった理由から、このシステムはスケーラビリティ問題の解決にも貢献することができるのです。

実際の処理速度は下記の様になってます。

TPS(処理速度)
ETH 約7〜8件
COSMOS 約4000件

実は、2017年以降にイーサリアム上で動くトークンがたくさん誕生したので、近年急速にイーサリアムが重たくなってきています。

なので、今後はさらに処理速度が遅くなっていき、イーサは限界に近づいていると僕は予想しています。

実際にイーサ上で開発を進めていたコアデベロッパー(重要な開発者)は、COSMOSへ移動を始めています。

(この詳しい内容は後述します。)

Cosmosネットワーク

Cosmosネットワークは異なるブロックチェーン同士をつなげ、ブロックチェーン間のトークンの移動を可能にするシステムです。

CosmosネットワークではHub(ハブ)とZone(ゾーン)と呼ばれる2種類のブロックチェーンがあります。

上図のようにHubを中心として、たくさんのZoneが接続して機能しています。

なので、その間でのトークンの移動を可能にしたり、別のブロックチェーンを利用するDAppsを作成したりすることができるんですね。

このネットワークに関して、さらに詳しくご紹介いたしますね。

Cosmos Hub

それぞれのブロックチェーンは「Cosmos Hub」と言うシステムを中心にして接続されます。

Cosmos Hubに接続していれば、他のどんなブロックチェーンとの間でもトークンの送受信ができます。

ちなみに、そのHubをブロックチェーンを繋ぐ部分は「Zone」と呼ばれています。

このシステムの基盤となっているのが、先ほど紹介したTendermintなんですね。

つまりTendermintでは「開発者独自のブロックチェーンを構築できる」上に「ブロックチェーン同士を相互接続できる」と言う優れものなんです。

(これが国内で全く知られてないのが不思議です。)

クロスチェーン

こういった仕組みから、COSMOS(ATOM)は異なる仮想通貨同士をつなぐクロスチェーンの役割を持っています。

現在、数千を超える仮想通貨がこの世界に存在します、しかし、例えば「XRPとEOSを交換する」などの直接交換ができません。

(取引所を経由するか、相手を信頼して送金し合うしか手段がありません。)

なので、取引所を介する時点でかなりの時間と手間がかかるのですが、それをすっ飛ばしてしまうのがこのクロスチェーン技術です。

COSMOSが次に来る理由

ここまで読んでもらった中で、大体はコスモスのことを理解できたかと思います。

「結局、なんで次に来るのがコスモスなの?」

と思った方もおられると思うので、解説していきますね。

ただ、どうしてコスモスがそこまで期待できるのか?を理解するためには、まず、今までの仮想通貨業界の流れを知ってらう必要があります。

仮想通貨の歴史

皆さんご存知かと思いますが、仮想通貨の歴史が始まったのは「ビットコインの誕生」があったからです。

ビットコインの誕生

BTCはブロックチェーン技術を用いて、非中央集権的に決済を行うために作られました。

それにより従来の国際銀行など中央集権的な第三者機関を介して行う決済に比べて、送金時間の短縮や手数料のコストダウンなどを実現しました。

つまり、人類にとって新たな「決済手段」が生まれた、と言うことなんですね。

しかし、ブロックチェーン技術を決済だけでなく、いろんな用途で使おうと誕生したのが「イーサリアム」です。

イーサリアムの台頭

イーサリアムはブロックチェーン上で非中央集権的にアプリケーションを動かすためのプラットフォームとして作られました。

従来のアプリは中央集権的な管理が必要でしたが、分散的に動かすというコンセプトが革新的でした。

それを可能にしたのがイーサリアムのスマートコントラクト(契約の自動化)で、こによって動作するアプリケーションはDappsと呼ばれます。

そこから様々な技術者によって開発が進められました。

そして、その後イーサリアムをベースとした様々なコインが開発され、ETHはBTCに次ぐ時価総額にまで地位を上げました。

以上が、仮想通貨の現在に至る歴史を大まかにまとめた物です。

しかし、ここで新たな問題が発生しました。

スケーラビリティの問題

確かに、イーサリアムは簡単にDappsの開発をできるようにしました。

(要は、今までブロックチェーンを使ったシステムを作るのに、0からやっていた複雑な作業を簡略化したんです。)

しかし、イーサリアムは未だに「処理速度の遅延化」や「別の仮想通貨を直接繋げない」などの問題を解決できていません。

「え?でも、もうすぐイーサリアムはPoSに移行して、処理が遅くなるのを改善できるでしょ?」

と考えているかもしれません。

ただ、現状はPoWからPoSへの以降がなかなか進んでいない状態です。

PoWからPoSへ移行できない理由

現状、ETHはアルゴリズムがPoWで動いています。

しかし、処理速度の遅延問題を解決するために、PoSへの移行をここ数年で完了する予定でした。

にも関わらず、いまだに延期を繰り返して達成できずにいます。

なぜ、そうなるかと言うと、現在PoWでETHのマイニングをしている人たちが、報酬を受け取れなくなるからなのです。

PoWはたくさんのマイニングマシンを使うので初期投資や維持費が膨大にかかります。

なので、途中でPoSに移行するとその機材の費用を賄うことが難しくなり、今までの投資が無駄になってしまいます。

そのために中々、移行が完了できないんですね。

ユーザーの急増

Ethereumネットワークは、様々なアプリケーションを実装可能にするプラットフォームです。

特にICOブームやDappsの開発が盛り上がり取引が増大した2017年末から2018年初旬にかけて、最大で3万件の未確認取引が生じて取引手数料が高騰しました。

そのために多くのプロジェクトが同時に開発を進めています。

しかも、イーサリアムは使う人が増えるほど、どんどん処理速度が遅くなっていくと言われてます。

実際、DAppsを使ったシステムが急増しているので、この問題は解決は厳しいと予想されます。

こうしたイーサリアムのブロックチェーンの技術的な問題は「スケーラビリティの問題」と呼ばれ、それらを改善する為に今でも活発な議論がされています。

(イーサリアムのこの問題に関しては、また後日詳しく記事にしますので、LINE@に登録をしておいて下さい。

コアデベロッパーの移動

実は「イーサリアムの処理速度の問題や拡張性に限界があるのでは?」と感じたプロジェクトや開発者達は、どんどん独自のブロックチェーンへ移行を進めています。

代表的なプロジェクトとしては、

主要なプロジェクト
  • Binance Coin
  • EOS
  • Qtum(クアンタム)
  • MOLD

などが挙げられ、既にイーサリアムのERCトークンからは撤退しました。

逆にステーブルコインや取引所トークンなど、保守的なトークンがERCトークンとして発行されている傾向があります。

ステーブルコイン
  • Tether
  • Huobi Token
  • USD Coin
  • OKB

など、革新的なコインと言うよりも、手軽に発行できるコインがERCとして発行されています。

要するに、イーサリアム上では未来の可能性を追求したプロジェクトは減っていっていて、簡単に通貨として発行できるコインだけが残っている状況なんですね。

新たな可能性の誕生

ここで、あなたに一つの疑問が浮かんだと思います。

「イーサリアムの限界に気づいた技術者達はどこへ移動したのだろう?」

その答えはもちろん「COSMOS」です。

コアエンジニアたちは次なる舞台として、コスモス上で技術開発することを決断しました。

はじめに説明したように、Cosmosはそれぞれ独立した分散型アプリケーションを作るキットの提供をしています。

ネットサーバーで例えると、Cosmosを使うことで「独自サーバー」を企業毎に簡単に作れるようになったと言うことなんです。

実際、多くのプロジェクトがCosmosでの独自ブロックチェーン開発をどんどん進めています。

まさに、ビットコインからイーサリアムが台頭した時代の様な流れが、再び起きようとしていると言うことなんですね。

(かなりテンション上がりますよね。)

5G時代を見据えて

ブロックチェーンの悩ましい問題であった「処理スピード問題」は、現代の通信のインフラ環境に大きく左右されています。

しかし、実はこういった問題は「5G通信」の普及によって解決されると言われてます。

COSMOSはこの通信インフラの進化を見据えて、すでに5Gに適応したサービスを開発しているのです。

COSMOSに参加するプロジェクト

さらに、COSMOSの技術はたくさんの大手プロジェクトに採用されてます。

バイナンス

大手仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)でも利用されています。

バイナンスはCOSMOSのTendermint技術を使って、独自のブロックチェーン「Binance Chain」を開発しました。

このBinance Chain上にDEXを作り「Binance DEX」として公開しています。

また、仮想通貨業界でかなり注目されているフェイスブックの仮想通貨「LIBRA」もTendermintでの開発を予定しています。

(ちなみにバイナンスでは、コスモスのステーキングも開始されてます。)

OK Chain

OKChainは、OKEXが独自に開発したパブリックブロックチェーンです。

OKEX独自の分散型仮想通貨取引所 「Open DEX」で主に利用されています。

Tendermintが利用されて開発されています。

Kadena

Kadenaはパブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンのいずれも提供するスマートコントラクトプラットフォームです。

Cosmosが提供しているTendermintを採用しています。

Open Libra

OpenLibraは、Facebookを中心とした企業体が発行するステーブルコインです。

Libraプロジェクトをパブリックブロックチェーンとして開発・運用することを目指すプロジェクトです。

2019年のEthereumディベロッパーカンファレンスの最終日に、Tendermintの採用が発表されて大きな話題となりました。

Cosmosについて言及している有名人

COSMOSに関しては、画像の様に数々の著名人が言及しています。

これだけ水面下で認められているブロックチェーンは他にはなかなかないと思われます。

水面下の動き

実際に僕の周りでは水面下にCOSMOSを広めようと言う動きが始まっています。

その動きについては改めて正式に解禁される時には皆さんにLINE@から共有いたしますので、ご登録お願いいたします。

トークン「ATOM」

COSMOSの独自のトークンは「ATOM」です。

ATOMは主にPoSのマイニング権利を得たり、COSMOSネットワーク内のトランザクション手数料として使われたりします。

(ERC20で動くトークンの取引手数料に使われるETHみたいなイメージですね。)

なので、現状は価格が底値を付けていますが、今後COSMOSが普及すると必然的に上昇していくと予想されます。

仮想通貨に詳しい人たちはICOの時点から注目していたので、もし、あなたがノーマークだったら「え?知らないの?」と言われるレベルです。

ICO

実はCOSMOSは2017年にすでにICOを行っています。

しかし、30分ほどで売り切れてしまい、1000人程度の投資家が購入できただけと言われてます。

(ほとんどが海外の投資家らしいです。)

まとめ

これが一般に普及すれば、仮想通貨同士の交換だけでなく、理論上は「オンラインRPGゲームで手に入れたレアアイテム」と「BTC」を交換するようなこともできます。

(これってヤバくないですか?笑)

ネットゲームで億万長者になる人がたくさん出てくるかもしれませんね。

LINE@にてその「極秘情報」を配信しますので、ぜひご登録して下さい。

歴史が動く瞬間を皆さんも体験できるかも知れません。

信じるかどうかはあなた次第ですが、僕はかなりワクワクしています。