【大注目!】Amazon(アマゾン)でEthereum(イーサリアム)を決済手段として使用可能に!

Amazon(アマゾン)でEthereum(イーサリアム)を決済手段として使用可能に!

暗号通貨決済会社「CLIC Technology」とブロックチェーンインフラストラクチャプロバイダー「Opporty」は、イーサリアムを使って 「Amazon」で買い物をすることを可能にする ブラウザ拡張サービスを間もなくリリースすることを発表しました。

報道によると、両社が開発中のブラウザ拡張機能によりAmazonが仮想通貨での支払いを受け入れていなくても、ユーザーは仮想通貨を使ってAmazonで買い物をすることができるようになります。

プラズマキャッシュ

この拡張機能によって、2020年1月3日にリリースされる「Ethereum 2.0」に搭載されている「Plasma Cash(プラズマキャッシュ)」を介して暗号資産を使用できるようになります。

イーサリアムの1秒間のトランザクション処理数は約20、アマゾンのウェブページでは300ほどで、この処理数が仮想通貨決済を運用する上での課題となっていましたが、CLIC TechnologyとOpportyは「プラズマキャッシュ」によってトランザクションの速度の問題を解決できると述べています。予定では、決済スピードがビザやマスターカードと同等の速度になるそうです。

MOON

今年の4月にビットコインのLightning NetworkユーザーがAmazonでビットコインを使って商品を購入できる「Moon」という新しいブラウザ拡張が販売されました。

これらの拡張機能においては、購入後に仮想通貨を法定通貨に変換することができるのでAmazon自体は仮想通貨の処理をする必要がありません。また、「Moon」はVisaやMastercardのネットワークと統合していて、加盟店がクレジットカードの決済手数料を支払う費用を削減することができました。

今後は、このような決済サービスがその他のオンラインショップでも利用できるようになれば、今回ご紹介したイーサリアムの決や「Moon」のような決済手段はより多くのユーザーに浸透していくと言われています。

今後の動向

アマゾン自体は仮想通貨の支払いを認めていませんが、アマゾンで仮想通貨の決済ができるようになれば、暗号資産の一部は市場で売却をする必要が無くなります。
また、ビットコインなどの仮想通貨は価格変動の激しさから決済には向かないとされてきましたが、多くのユーザーが利用し流動性を確保されれば価格の安定方向へ市場が進んでいく要因がまた一つ増える事になると言われています。

価格が安定し決済に使われる為にも今後の普及には高い期待が寄せられています。