2020年仮想通貨カルダノエイダコイン(ADACoin)が爆上げなるか?徹底調査!

2020年仮想通貨カルダノエイダコイン(ADACoin)が爆上げなるか?徹底調査!

どうも、ユウタです。

カルダノエイダが今後爆上げするのではないか?との情報が入って来たので、今回徹底調査してみました。

果たして、本当に高騰するのか?考察していきたいと思います。

カルダノエイダコイン(ADACoin)

仮想通貨ADAcoin(エイダコイン)は「カルダノ」というカジノゲームのプラットフォームで使用できる通貨のことで、分散型プラットフォームを開発しているプロジェクトです。

プロジェクトの目的としては後進国に金融サービスを届けることで、天才数学者であり、仮想通貨の第一人者と呼ばれるチャールズホスキンソン氏が手がけるコインとして有名です。

詐欺の噂

そのため注目度がかなり高く、多くのユーザーがトークンセールに参加しました。

しかし、一方で「ADAコインは詐欺なのではないか?」という噂があり、疑念を抱く投資家も少なからず存在します。

執筆現在までは大きな問題はないため、その可能性はかなり低いと思われますが、参加される際は慎重に考えてくださいね。

今後爆上げする?

トークンセールは2015年9月から2017年1月の間で、一番高い時期で1枚0.3円で販売されていました。

2017年10月1日に上場して初値は約4.3円となり、2018年の仮想通貨バブルによる爆上げで1月4日には約168円まで高騰しました。

その後、バブル崩壊し下降が止まらずに執筆時点では約3.7円となっています。

開発状況

カルダノエイダは独自の開発を進めており、他のプロジェクトのソースをコピーして開発するのではないため、予定よりも開発の進行が遅れています。

ロードマップによると、現在は「シェリー」と呼ばれる開発段階でブロックチェーンによってシステムが非中央集権になる予定です。

元々は2018年内にローンチ予定でしたが、2019年に変更され9月にはテストネットがローンチされました。

メインネットのローンチは2020年3月を予定しています。

ステーキング

11月末からテストネットでのステーキングが始まります。

ステーキングは多くの投資家が待望している機能で、カルダノエイダのプラットフォームにトークンを預けておくことで、プラットフォームで発生した手数料などを報酬としてもらえるようになります。

そして、ステーキングしたADAコインの枚数が多いほど、また保有期間が長いほど報酬の量が多くなる仕組みとなっています。

さらに、テストネットからメインネットにそのコインを移動できるそうなので、ホルダーの方は必ずステーキングしておきましょう。

今後の予想

ADAコインの価格に関してですが、テストネットのローンチとステーキングの開始が重要なファンダと思われますね。

しかし、執筆現在は市場に反応がなかったために、ステーキング開始後も市場が鈍いままであれば、トークンの爆上げは期待できないかと思われます。

ただ、ビットコインが年末にかけて上昇が期待されているので、もしBTCが高騰すればエイダコインも上昇する可能性が高いでしょうね。

そして、プロジェクト自体が順調に進んでいるのを加味すれば、すぐに爆上げにならないとしても長期的に保有する戦略もベターかと思います。

結論としては、2020年3月のメインネットローンチが重要な局面となるので、時期が近づいてきたら必ず動向をチェックしておきましょう。