【徹底調査】仮想通貨ADAコイン、詐欺コインの噂は本当だった?新情報も?!

ADA(エイダ)コイン、詐欺コインの噂は本当?

オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨で話題となったADAコイン(カルダノコイン)ですが、ユーザーの間では「実は、詐欺なのでは?」との噂もあり、その真相が注目されています。

今回、いろんな噂の絶えないADAコインについて、詐欺だと疑われる背景と真実はどうなのか?という視点で記事を書きましたので、ぜひ最後までお読みいただきたいと思います。

ユウタユウタ

ADAコインって確かカジノ通貨と呼ばれているコインだよね?詐欺の噂は本当なのかな?

クリプト博士クリプト博士

ユウタよ、確かになんでも慎重に考えることは大切じゃ。この記事を読めばその真意がわかるかもしれんぞい。

ADAコイン(Cardano Coin)

外部引用画像

ADAコインはCardano(カルダノ)エイダコインとも呼ばれており、「カルダノ」というカジノゲームのプラットフォームで使用できる通貨のことです。

このADAコインの開発には「カルダノ財団」と「IOHK」という企業が参加しており、その中心人物に「仮想通貨の第一人者」と言われているチャールズ・ホスキンソン氏がいます。

そのため、かなり高い注目度がありますが、一方で「ADAコインは詐欺なのではないか?」という噂がありました。

ではなぜ、そのような事態になってしまったのでしょうか?実際のところはどうなのでしょうか?

詐欺コインと言われた要因4つ

スマートコントラクトなどで大きな注目を集めていたADAコインですが、詐欺コインと言われてしまった要因は4つあります。

高額な単価

ADAコインはプレセールが「最低単価1,000ドル」だったので、他の仮想通貨に比べてかなり高額に設定されていました。

詐欺目的として開発される詐欺コインの特徴として、最低単価が高額に設定されているものが多いので、詐欺の噂が立ったと言われています。

このような高額なアルトコインは「プレセール終了後、運営者が音信不通になる」「公式サイトが閉鎖される」といった案件が非常に多いため、ADAコインもかなり警戒されていました。

プレセール

ADAコインは第1期・第2期のプレセールが日本のみで行われ、それも詐欺コインの印象を強めました。

日本はカジノは普及していませんが、パチンコ市場だけでも約20兆円もの規模を持つ上に、競馬や競輪、競艇などがあるために「ギャンブル大国」とも呼ばれています。

このような日本の特徴に目を付けた詐欺なのでは?という指摘もありました。

マルチ商法

ADAコインが日本で行ったプロモーションでは「MLM(マルチレベルマーケティング)」が使用されていました。

MLMとはマルチ商法の事であり、紹介者が他の人を紹介すればするほど紹介報酬が発生する仕組みになっています。

ADAコインにおいては紹介者は5%~10%ほどの紹介報酬をビットコインで受け取ることができたらしいのですが、仮想通貨は基本的に代理店や仲介者を通す必要がないにも関わらず、マルチ商法を利用したプロモーションを行っていたので詐欺コインと疑われてしまったようです。

仮想オフィス

ADAコインはプロモーション活動を行う会社が複数参加しており「バーチャルオフィス」を利用していました。

バーチャルオフィスはフリーランス向けの最低限のオフィス機能を持つオフィスのことで、決して違法ではありませんが実際のオフィスと比べるとかなり信用度が下がります。

例えば、本店登記はバーチャルオフィスで行い、詐欺行為を別の場所で行う悪徳業者も多く、詐欺コインの印象が持たれていました。

ADAコインは信用できる?

ADAコインは今のところ詐欺ではなく、現在も海外の取引所を中心に取引ができるようになっているため、安全性があるのでは?という説も有力視されています。

チャールズ・ホスキンソン氏

diamond.jp

チャールズ・ホスキンソン氏は、カルダノ開発の中心人物となった人物で「イーサリアム」の元CEOでもあり「BitShares」の創立者でもあります。

このように仮想通貨の第一人者がADAコインに関わっていると判明したことで、詐欺疑惑はかなり薄まりました。

上場

ADAコインの安全性が高まった、と言われた大きな要因には「Bittrex」と「Binance」への上場もあります。

Bittrexはアメリカでも最大手の取引所で、200種類ほどの仮想通貨を扱っており、Binanceは2017年の開設以降、急速に上場銘柄を増やして100種類近いアルトコインを扱っており、現在は世界最大の取引所となっています。

ユウタの見解

私自身は、現在は詐欺コインの可能性はかなり低下しているのでは?と考えております。

上場後も、上昇要因が期待されているため、余裕がある方は投資対象に考えてもいいと思いますが、仮想通貨は常に何が起きるかわからないため、最新情報は常にチェックしておきましょう。

今後ADAコインは?

ADAコインはBittrexとBinanceといった有名取引所に上場していますが、日本の取引所での取り扱いはまだありません。

今後、日本の取引所で取り扱いが開始される可能性があるのか期待されています。

情報が入り次第LINE@で配信いたしますので是非ご登録下さい!